FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

適格性を欠く校長とは!

 私の勤務校と同じ市内の中学校の教師(42・妻子あり)が「駅で女性のスカート内を盗撮」して逮捕され、懲戒免職になった。同僚にもその教師を知る人が多く、理解できない、何であの人が…と、みんな相当ショックの様子である。私にも理解できない。なんたって、これで人生終わりですから。
 懲戒免職になれば、その後の食い扶持はもちろん退職金ゼロ、共済ローン一括返還、妻子に愛想を尽かされ、もちろん妻子ともども住む場所もなくなり一家離散……わたしだったら首を吊るしかなくなるであろう、このようなことがなぜ繰り返し発生するのだろうか?だって、気が狂ってるとしか思えないではないか。

 もちろん今回も世間の風は「だから教師ってヤツは云々…」である。

 しかし今回に関しては言わしてもらうけど、校長の責任がもっと声高に語られても言い。実はこの教師の勤務校の校長は、昨年度まで私の勤務校の校長であり、2年間その下で仕えてきた。(仕えてきた、という言い方もすさまじい、公務員は「全体の奉仕者」であって特定の個人の奉仕者じゃないんだが、わかっていてあえて使っている)

 さて、この校長である。中小企業のやり手社長といったムードを持つ、精力的な人物である。毎朝7時30分には間違いなく出勤し、仕事はてきぱきと速く、完ぺきに整理して格納されている自分で用意した様々な膨大な資料をいつでも自在に取り出して利用でき、夜も8時をまわってほとんどすべての職員が退勤してもまだ一人で仕事をしている。「学校経営」には並々ならぬ意欲を持ち、自分の思ったようにならないのは許せないので、始終職員(教頭が最も被害者)を呼び出して小言を言っている。
 そして、それにもかかわらず、彼の「学校経営」にはビジョンが見えないのである。それは彼の口癖に如実に表れている。曰く、「そんなことやってたら、言われちゃうよ!」
誰にだよ!だからなんなんだよ!言われるかどうかより、一体アンタは何したいの?!!
 つまり、兵隊・下士官としては極めて有能であるのはわかるんだが(かつてヒラだった頃はスーパーマンとも呼ばれていたらしい)、校長・トップとしての資質には全く欠ける人物なのである。彼のもとでは真面目に仕事をしよう、という気持ちが死んでいく。やってもやっても否定される。他の教員と敵対関係のような状態になって職員室のムードが沈滞する。一人一人の教員がそれぞれ孤立感を強めて追いつめられていく。

 この校長の下にいた2年間は人生の中でも思い出したくない期間である。努力が認められない不毛な職場、無為に流れていく不毛な時間。事なかれ主義。事大主義。何をやるにも形が整ってなければ不可。「やってましたよ」という証拠を残すためだけに行う無駄な指導。大甘の消極的生徒指導。そして私はといえば生徒と相対してもそれが仕事の意欲に結びつかない、という初めての驚くべき精神状態。精神疾患で退職寸前まで追いつめられた同僚もいた。定年まで何年か残して退職しちゃった事務職員もいた。その校長の腰巾着にいじめられて私自身、鬱になった。(コイツはこの学校だからなんとか校長が勤まるんだ、よそへ行ったらただじゃ済まない)とずっと思っていました。そして案の定、今年彼の転勤した中学校は荒れました。もともと荒れ気味とは聞いていましたが、暴行だかなんだか忘れたけど、今年度に入ってからの事件で新聞にも出たしね。

 そして今回の「盗撮」事件だ。たった一年で2度目の新聞沙汰。本当に本人だけに責めを負わすべきなんですかね。ま、もともとの性癖というものも関係するだろうが、それを言っては誰の心の奥底がどうなってるなんて、神ならで誰にもわかりようがない。要は外に出すか、出さないか。聞くところによると、「非常に真面目な人」「職場では孤立気味」「部活指導なんかもとても熱心」「生徒から信頼されている」ということらしい。くわばらくわばら、去年までの俺じゃねえか!(後ろ二つはともかく)
 しかも、その一件のことで生徒にアンケートを取ったところ、「裏切られた!」という生徒達の思いが想像以上に激しく噴出したそうである。そりゃそうだよな、とも思うが、一歩引いて考えると釈然としない。この学校では生徒に信頼されている先生って一人しかいなかったのか?面で支えなきゃいけないものを点で支えていたのでは…と私は直感した。それは正しい職員集団だったのか。職員間の雰囲気が、漏れ聞こえてくるだけでも昨年度のウチの職員室に似ている、というのは誰かさんのせいとしか思えない。そして、そんな中で、かの学校では弱い人から馬脚を現して脱落していくデスマッチが展開されているのであろう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/6-3e3f23c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)