FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

教育実習生受難の時代

 かつて、教育実習生というのは、俺たち教師にアカデミズムの風を吹き込む「窓」、これから後輩(仲間)になるかも知れない教員の卵を歓迎する、などどっちかというと仲間として遇することが多かった。
 だが、かつての大量採用時代の名残で50代の教員がゴマンとあまり、少子高齢化の波に押されて採用がほとんど無くなり、教師の平均年齢が1年ごとにほぼ1歳ずつ高くなっていく、という現実の中で、この構図は崩れた。
 そう、実習生とのジェネレーションギャップだけでなく、彼らのショボイスキルがどうにもならなくなりつつあるのである。いや、なってしまったのである。

 ここからは音楽の教師に限ったことかどうかはわからないが、俺の雑感を書く。

 教師の質が悪い、と巷では大騒ぎしてはいるが、実際には教員のスキルは平均すれば年々高くなる一方である。そりゃそうだろ?まだ呆ける年でもないし。第一、学校がサービス業、生徒はお客様、なんてほざくバカ管理職の口車に俺たちだって真面目に乗って、それなりに腕を磨いてきたのだ(大抵の教師は)。
 今では、中学校は俺たちがかつて教わった頃に比べてはるかにわかりやすい解説、視覚的効果に訴えて直感的に理解しやすい教科書や教材など、「俺が今中学生だったら間違いなく東大に行けたのに」と口惜しくなるようなうらやましい状況になっているのである。

 そこへ、教育実習生が登場するとする。彼らはテクがない。一生懸命さだけが取り柄なのだ。その姿に中学生はほだされ、彼らのお粗末な授業にもつきあって理解してやろう、とそれなりに純真に努力してくれる。だが、あまりにも日頃の教師とのスキルの差が大きすぎ、とてもじゃないが受け入れられないことも多いのだ。もう、5年といっていられないほどの速さで中学生の気質は変わっている。つまらないものを我慢する耐性なんて崩壊している。実習生は思ったように生徒の関心を集めることが出来ない。

 そこへ持ってきて、指導教官とのジェネレーションギャップである。俺が初めて実習生を受け入れたときには、(たまたまその学生は俺と同窓だったので)ついこの間卒業した学校の先輩後輩の関係で和気藹々と実習が進んだものだった。つまり実習生と指導教官は「ともに学ぶ仲間」だったのだ。だが、10年ほど前からそうはいかなくなってきた。
 俺から見て、どうしてもこの子達は「生徒」に見えてしまうのである。まず、この子達のような低レベルの技術では、とても指導を任せるわけにはいかない、という気持ちになってしまうのだ。(これは自惚れではない、厳然たる事実だ。多少は老人的甘やかしが入ってはいるが)その上、最近の学生はホント~~~~ウに指示待ち人間である。使えないことおびただしい。どうしましょうか、と言ってくるならまだいいほう、放っとくとボーッとしてやがる。
 結局ガキなんだな。中学校の教育実習も、その経験から「何かをつかみ取ってやる」というのではなく「中学の先生に教えてもらう」という発想が明確に見えるのだ。
 しかし、職場ってそういうもんじゃないだろう?悪いけど、こっちは教えてやることなんか何もないよ。忙しいんだから、邪魔なんかしないでくれよ。勉強したければ俺たちにへばりついて歩って俺たちの一挙手一投足から何かを見つけろよ。俺だってそうしたんだから!!と言いたくなる。

 というわけで、何を言いたいかというと、今どきの教育実習生は可哀相だな~ということでした。
スポンサーサイト



テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

コメント

初めまして。お邪魔いたします、シーサーでございます。

教育実習真っ盛りですねえ。いや、私も今日も実習生相手にさんざん言うだけ言ってさっさと帰ってきましたが、なんかこう、生徒よりもよっぽど気つかいますね。泣かれても面倒だし(笑)

以前は一日の終わりに「じゃ、明日もがんばって」と必ず言っていたんですが、最近は素直に言えないです。「世の中いろんな仕事があるから、まだ今なら就活なんとかなるだろ」とか「向き不向きがあるからねえ。いや、キミが優秀かどうかの問題じゃないんだよ」とか、マジで言ってます。

はっきり言って教育実習ごときで音を上げているようじゃ現場絶対無理。でもそんなのでも試験通っちゃうんですよねえ。いったい教育委員会はどーゆー試験してるのかと。

もちろん中には最初からスゲーできる奴もたま~にはいます。そんな学生には惜しみなく「お前は絶対採用試験受かれ!」と激を飛ばしております。

ああ、明日は代表授業だ。気が重い(-_-;
ということで今後ともよろしく。

  • 2007/06/25(月) 20:39:01 |
  • URL |
  • シーサー #gJtHMeAM
  • [ 編集 ]

 こんなつたないブログにコメントを寄せてくださってありがとうございます。
 今年は、年度当初には私の教科で実習生が来るはずになっていたのが、いつの間にか中止になっていてホッとしました。
 でも、雪崩のように仕事が押し寄せてくる…
忙しいけどお互い頑張りましょう!!

  • 2007/07/12(木) 23:12:00 |
  • URL |
  • crabfaceguy #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/38-b4d5e2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)