FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

今年の吹奏楽コンクール顛末

 今日は吹奏楽コンクールの地区大会。台風が通過したので、よりによってというかとびっきりの暑さ予報(37℃)だ。
 それでも朝、
8:00前には勤務校に到着、いつも通りの時間(8:30)に生徒は集合し、いつも通りに掃除、腹筋、呼吸法、合唱。そして音出しをして合奏開始が
9:20。いつもの通りピッチが合わなくてチューニングが難航し、結局ろくな練習もできずに時間切れで
10:30移動準備開始。まずは一番厄介なチャイムとマリンバを2階の音楽室から1階に降ろさせて現地待ち受け部隊とトラック積み込み部隊に分かれて作業開始だ。
11:20、やっとのことで積み込み部隊も全員出発させ、自分も出発する。
12:20、会場(所沢市民文化センター)に到着。とにかく暑いというのに、指揮者たるものドレスシャツに蝶ネクタイで黒の式服に身を包む。気温35度の屋外に出て、思わず
「すこ~しも暑くないわ!」
などと、アナと雪の女王の替え歌なんかを口ずさむ。その我がいでたちを1年生どもに笑われたり、楽器置き場の荷物の置き方にいちゃもんをつけたりなど、なんやかんや例年通りの手順を経て、
14:45演奏開始。今年の曲は「虹色の未来へ」という課題曲と自由曲「歌劇トゥーランドットより」。まあ、ウチのレベルで言えば渾身の力をもってすれば、いや、それでもどうにもならない難曲である(なんでそんなの選んだんだよ…)。案の定、思ったよりもパワーを出し切れない演奏で、指揮をしながら「はああああああ……」みたいなムードだ。終わった後も客席にお辞儀しながらテンションだだ下がりで、もう帰っちゃいたい気分だが、直後に写真撮影があって、しかめっ面もしてはいられない。応援に来た保護者もいっぱいいるから、必死で笑顔を作ってその場をどうにか乗り切り、そのあとは楽屋にシケ込んでモニターでほかの学校の演奏を聴きながらもっとテンションが下がる。
コンクールなんか滅びちまえばいいのに。
 ともかく生徒の手前、最後までへこたれているわけにもいかないから、楽屋から重い腰を上げ、客席へ行って我が戦友でもあるところの生徒たちと合流する。そして、ついに結果発表。演奏順に次々に賞が発表され、金賞受賞団体が妙に多い。上位大会進出が4団体だけのはずなのになんでこんなに?これではうちはほぼ最下位だわ、やれやれと思っているうちにウチの番になり、部長が舞台の中央に進み出る。そして、運営委員の爺さんが、「ホニャララ市立ホニャララ中学校、
ゴールド、金賞!」と、読み上げて賞状を手渡す。
我が戦友たちが悲鳴のような喜びの声を上げる(キャーッ!そして直後にみんな泣く)。いや~~ひっさしぶりに聞いたぜ、「ゴールド金賞」。他ならぬウチの団体が受賞するとなると、何という素敵な響きの言葉であろうか。これだから、
コンクールって素敵じゃないか。結局上位大会には進出できなかったが(いわゆるダメ金)去年が銅賞だったからね、部員たちもみな笑顔でハッピーな気分になり、幸せいっぱいで帰ってきて、トラックから楽器を下ろして片づけて、解散したのは
20:00であった。なにはともあれ、めでたしめでたし。
スポンサーサイト

テーマ:部活 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/339-7ca4efc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad