最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事な帳簿


 最近、出席簿をなくしちゃった担任がいた。若い人なんだけど、すごく焦って、どこに置いたんだ、あそこじゃないのか、それとも、とか数日探した挙句見つからなくて、たまたまの職員会議のあと、職員全員で校舎のあっちこっちを捜索する、という騒ぎになった。結局職員室の、本人の机の隣の先生の机の下に落ちていたのが発見されて一同胸をなでおろしたが、万一ゴミに紛れて処分されちゃった、なんてことになってたら大変であった。
 そういう俺もそそっかしいので、何かをどこかに置いてわからなくなる、というのはよくあって、ある年に学級日誌が消えた時は一か月ぐらいなくて、たまに開かれる委員会で使う空き教室(施錠してある)で次回の委員会の時に見つかったこともあった。一番焦ったのは、「教務必携」(スケジュールとか会議録とか部外者に見せられない生徒指導情報なんかが書いてある。なにより俺がかかわっている授業の成績の一覧がすべて書いてある)が消えた時で、確かに置いたはずのところから消えて、万一生徒が持ち出していたら…と胃が縮まる思いをした。結局管理職に申し出て、
「まずは夜中に職員室の中を探し回ってみてください。」
ということで探したところ、ある年配の先生が自分のヤツと勘違いして抱え込んでいたのが見つかった。その先生は机の上に自分のがあって、机の右下の引き出しの中に俺のがあったので、2冊も持ってたにもかかわらず気づかなかったようだ。しかも、俺の教務必携にその先生の教科の提出物(小テストみたいな)がはさんであったりした。そそっかしいのう。
 学校というところは様々なものがいっぱいあるし、動くときはみんな分単位秒単位で走って動くからそういう取り違えもそりゃ~あるに決まっている。大事なのはそういう時の危機管理でしょ。今回はみんなで協力的な感じで探して見つけたので、なんだか安心して働ける職場だなあ、と思ったことである。

以前、我が息子が教わっていた数学の教師と来た日には、かなりエキセントリックな指導をある同僚が指摘したところその同僚の出席簿が紛失して、焼却炉で発見された、なんてこともあったらしいが(そいつは最終的には教え子へのわいせつ行為で懲戒免職になりやがったが)、そういう基地外がわが職場の同僚にいない、というのもまた幸せなことである。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

コメント

何かが失くなることはたまにありますが…

出席簿の話を読ませて頂いた際、誰かが盗って、全員で探すってなってしまったのでこっそり机の下に置いたのではないかと思ってしまいます。まさに、記事の最後のような事を経験しましたので…
先日、とある場所の鍵が失くなった時も、机の下から出てきたそうで、やはり誰かが…と思ってしまいました。
教員って、探してくれる温かい人は勿論ですが、疲れてるんだろうなあなんて思ってしまいます。

  • 2017/10/15(日) 06:58:24 |
  • URL |
  • 通りすがりの教員 #XRpZ5Ogs
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/333-7ddb1351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。