最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

定年。再任用。何も変わらず。

 ついに今年度、60歳になってしまった。俺の父親が現役時代には55歳とか58歳だった定年が今では「還暦」とはすごいことだ。しかも未だに引退できないし!(しないとも言えるが)
 3月末からこれまではまさに嵐のような日々で、まず年度末恒例の吹奏楽部定期演奏会を取り仕切り、最後の年だというのに担任を持っていたものだから指導要録などをやっつけ、次は異動の準備。もう勤務年数の残りも少ないし、これまで溜め込んだいろんな資料とか道具とか、いらなくなったものはなんでも捨てちまおう、と思ってももはや時間切れで、一応削減はしたものの結局は自動車3往復分の荷物を運び出すことになる。で、最後にやっとのことで吹奏楽部の会計報告の起案を通したらもう4月になってしまい、この歳で新天地に向けて出発だ!
 で、行った先の学校でも吹奏楽部をやってください、早速だが入学式で演奏ヨロシク!と言われるが、引っ越しの荷物を解く時間もないまま(1年の副担任だから)あれこれ入学式の準備もしなきゃいけないし、始まったら始まったでデカい学校だから授業がいっぱいあってな~ンにもやれないで時間に押し流される。古~い学校だから音楽準備室は歴史的な邪魔もの(大量のレコードだとか)が所狭しとあって何も片付かない。おまけに、といってはヤバすぎるがここの吹奏楽部は5月に定期演奏会をやることになっていてすでにいついつに市民会館が抑えてあります、前任者がちょっとひねくれた臨採の人(長く臨採をやっている)で演奏会の準備はほとんど進んでないうえに部員はサボりグセがついている、オ~イふざけんなよ~こっちはついこの間定演終わらせてきたばっかりじゃないかよ!!というなんだか目が点になる世界を終わらせて、気がついてみるともう6月じゃないか。

 ということで、このブログの更新もこれまでになく滞ったということなのです。再任用で何が変わったか、って何も変わってませんね。給料が大幅減になったことと、それに呼応するかのように若い頃みたいには無理が効かなくなったことぐらいか。音楽の授業も、一時間一時間命を削ってやっているように感じることもある。特に「定期演奏会」の前は危なかった。(これ絶対、何年か前なら年休取って休養するレベルの体力の限界だ)という日々が続いても休むわけにいかない。俺の代わりを務められる能力を持った人間はおいそれと連れてこられるもんじゃないからね。(なにしろ教師は専門職なのだ。)
 折しも中学校の先生の勤務がブラックだ、とか部活動の外部指導者の資格をどうにかしようみたいな話も世の中では出て来ていたが、そんなのバカくさいわ~。しかもたかが部活をちょっといじるぐらいで教員の忙しさの解消につなげようなんて、根本的なところがわかってないでしょ。
このブラックな勤務をどうにかできるっていうならやってみろよ。
ってとこですかね。とにかく、まだ生きながらえていた、という報告であります。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/331-13ad3eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad