最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな不平等~放っとかれる不良たち

 この間、部活を指導しているところへ不良女子二人が現れて、なんだか俺に用事があったようなのだが、そんな用事に心当たりはなかったし、全員を集めて指示を出している場面だったので、
「5分ぐらい待ってて。」
と言ったところ、
「チッ」
だと。
そして、さらにこっちがいろいろ話をしているすぐそばで二人して無遠慮にでかい声でギャハギャハ笑いながら、なんだか話をしてやがってうるさかったから、そのミーティングが終わったところで
「空気読め」
とかなんとか文句を言ったのだが、なんだか不発に終わってしまった。(しかもそれがきっかけで後で大トラブルになった。)

 それにしても俺は、以前だったら(と言ってもその「以前」っていつ頃だったのか)、「チッ」の時点でほとんど反射的にそいつらをどやしつけたはずなのに、なぜそれをやらなかったのか。絶好の機会なんてものは早々はないはずなのに…と考えてしまった。そして、そういうやつらとのトラブルを避けている、逃げている自分がいる、と感じているのだ。
 その大きな要因の一つが、
「こいつに言っても無駄だから」
という判断だ。以前はそんな思いはなかった。なぜならば、みんな平等だから。悪いことをしたら平等に叱る。ダメなもはダメ。当たり前だよね。しかし今は違う。そういう意味では生徒は平等じゃない。そこに新たに現れたキーワードは「発達障害」だ。 
昨今では、例えば年度当初とか夏休みの事例研修とかで、そういう生徒を一人ひとりピックアップして、
「こういう生徒ですので、こういう指導をしてはいけません。」
とかなんとか、いろいろな注意が担任とかから示されて、「共通理解」を図るわけである。で、前述の女子生徒はそういう事例に引っかかってる連中だったわけなのだ。
 つまり無力感。「発達障害」という免罪符を与えられた、要するに不良はやりたい放題。親も、ちゃんとそこのところはわきまえて、わが子がみんなに迷惑をかけている、という状況は上手にそっちの方へ置いて、しっかりと学校にイチャモンをつけてくる。一番に言ってくることは、
「お前(教師)の指導の仕方が悪い。」
である。しかし、目まぐるしく速く動く(つまり複数のことが同時進行で、あっという間に進んでいってしまう)学校の時間の中で、その時々に、それぞれの個別の生徒に、もっとも的確に対応するのはもともと不可能であろう。第一でかい学校では(良くも悪くも)かなり有名な生徒であっても、そうそうは顔と名前さえ一致しないことも多い。ましてや性格もそうだし、俺とそいつとの個人的なかかわりにしても、担任が日ごろどういう指導をしているのか、とか、親とどういう話になっているのか、とか、そんなことをいちいち考えてそれぞれの生徒に最適な指導方法を選んで対応しろと。それがプロだ、と。

ホント、いい加減にしてください。それは「ないものねだり」です。親もバカだよね~。子供と同じ目線で子供と同じに憤る。そこに大人の判断、一段上からの判断が存在しない。一段上の判断って何かって?それはわが子の「将来」だよ。中学の教師をサンドバッグにして言いたい放題に言い負かし留飲を下げるのはできる。先生に
「申し訳ございません」
といってもらっていい気持になるのもできる。だが、それが通用するのはいつまでだ?高校じゃあまり無理をすれば「進路変更」を勧められるだろうし、バイト先だったら
「明日から来なくていいよ。」
で即終了だろう。ましてや就職は?結局、、何をやったところで立場は安泰な場所として、親子して中学校の先生に甘ったれているという、ただそれだけのことだ。はたから見てみっともない、と思われているの、わかってるのかね。「中学校卒業」までが猶予期間で、それまでに人としてそれなりの品格を身に着けるべきだし、その訓練の場として学校があるのに、時間を無駄にしちゃっていいんだろうか。
スポンサーサイト

コメント

そうなんだよねー
こっちは最長3年で済むけど…

あなたは 下手すりゃ 一生…
老後でなくて 子供の心配を
することになるんですよって

教えてあげなくては いけないのかと…

  • 2016/05/29(日) 20:32:01 |
  • URL |
  • 雨情 #tK/iIulw
  • [ 編集 ]

現任校(高校)はそのフォロー(落とし前??)

転勤して、そういう子たちの進路としての高校に異動しました。やりがいあります!!学習障害・貧困・知的障碍ギリギリetc…実は親の、大人の愛が足りなかった…だから。
しかも世間が思っている母親…ではなくて父親がヘンなケースが多いと感じています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/316-655697df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。