FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

トイレの神様

 縁あって、別の中学校の合唱祭を見学しにいった。地の利の問題もあって市民会館大ホール、みたいなのではなく、当該校の体育館での行事である。(大概の学校はそうでしょうが。)

 で、途中で催してきたので、その体育館のトイレに用を足しにいった。汚かった。こんな汚いトイレは久しぶりである。ため息をつきつつ座席に戻った。知り合いの音楽教師は一生懸命やっていて、その成果も(たとえば実行委員の挨拶や指揮者のお辞儀などがどの生徒もとても立派だったりとか)そこここに散見されるのだが、よくよく観察してみると、校長先生のお話やいろんな部署の先生方の動きは何だかな~~、と思ってしまうところが多い。保護者を見ても、小さい弟妹を連れている親の、子供をしつける姿勢のなんとグズグズなことか、どいつもこいつも全く!

 聞くところによると以前からその中学校は学力面でも生活面でも何でも大変で、「ホニャララ市のお荷物」と言われているとか。
 そういう困った状況についての関心を一気に高めるきっかけになってしまうのが、やっぱりトイレの惨状なんだよな~。以前、ある生徒指導研究発表校に「管外視察」で行った時に、一緒に行った同僚の先生が
「crabfaceさん、トイレ、見に行こうぜ。あと下駄箱ね。」
と示唆してくれて見に行ったところ、アッチャ~~という状態であきれた、ということがあった。やっぱりなんだか変な雰囲気を醸し出している中学校ではあったが。
そのおかげで俺は、そのとき以来トイレはよその学校では注目してみることにしている。

 もちろん、ウチの学校でもそれほどほめられたトイレといえるわけではないのだが、それでもトイレ掃除にこだわりを持つ先生がいるおかげで(俺が手を下しているわけじゃないところが不謹慎)、そこそこ臭わずに清潔であり、気持ちよく生活できている。生徒もそこのところは良い環境を享受しているといえるであろう。ありがたいことである。
 やっぱりトイレは、そこで生活する人を映す鏡といえるであろう。
スポンサーサイト



テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/306-286b1d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)