FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

世界一忙しい日本の先生

最近の報道によると、先生のなかで日本の先生というのは世界でも一番忙しいんだそうな。

 経済開発協力機構(OECD) は25日、中学校教員の勤務環境などの国際調査結果を発表した。日本の教員は指導への自信が参加国・地域の中で最も低く、勤務時間は最も長かった。理解が遅い子に合わせた指導をする割合やICT(情報通信技術)を利用する割合は低い。多忙な中、指導に集中できずにいる教員のすがたが浮かび上がる。

 2013年に実施した国際教員指導環境調査(TALIS)で、主に先進国の34カ国・地域が参加。08年に続き2回目で、初参加の日本では、全国から抽出した国公私立中学校192校の教員3484人と校長から回答を得た。
 学級運営や教科指導などについて、指導がどの程度できているか、自信の度合いを4択で尋ねた。「非常に良くできている」「かなりできている」の割合の合計を比べると、12項目すべてで参加国・地域中、最低だった。「勉強にあまり関心を示さない生徒に動機付けする」では21・9%で、平均の70・0%の3分の1以下。「生徒の批判的思考を促す」は15・6%(平均80・3%)、「生徒に自信を持たせる」も17・6%(同85・8%)だった。
 残る選択肢のうち「ある程度できている」を選ぶケースが多かった。
 教室での指導をどれくらいやっているかも4択で聞いた。「課題や学級活動にICTを用いる」に「しばしば」「ほとんどいつも」やっていると答えた 割合は計9・9%(同37・5%)、「全生徒が理解するまで類似問題を練習」も計31・9%(同67・3%)でともに最低だった。
 一方、1週間の勤務時間は53・9時間(平均38・3時間)で最長。内訳をみると、部活などの課外指導が7・7時間(同2・1時間)、一般事務が5・5時間(同2・9時間)と飛び抜けて長かった。授業は17・7時間で平均(19・3時間)を下回った。
 研修の必要性についても14項目を4択で質問。「高い」と答えた割合が参加国・地域で最高だったのは「担当教科の知識」(51・0%)、「個に応 じた学習」(40・2%)など6項目に上った。だが過去1年以内に研修を受けた割合は83・2%で平均の88・4%を下回った。受けられない理由は「仕事 のスケジュールと合わない」が最多(86・4%)だった。
文部科学省の担当者は「控えめな国民性もあるが、多忙で授業準備に時間が取れていないという意識や研修に出られないことが(自信の低さに)影響しているかもしれない」と指摘し、事務職員らの配置を進めることなどを対策にあげた。(朝日新聞20140626)


 まあ、やっぱりね~。という思いしかありませんが。勤務時間内に仕事が終わらない構造になっているのだから当然ですけど(勤務時間終了が16時45分なのに生徒の最終下校時間が18時00分ってどうなのよ~生徒が帰るまではそうそう集中して事務仕事はできないっすよ)、担任外の人だったらヒマな時期、というのもあるにはあるけどね。きのうも、午後から出張に行って、18時ちょい前に学校に戻って、23時までテスト問題作ったりなんだりしてた。教務主任はその時点でまだ机上のパソコンと印刷室の間を行ったり来たり。)記事の内容も話題になってて、最後の方で文科省の「事務職員の配置を進め…」というコメントに対して、1年の学年主任(50代女性)が
「Kさん(ウチの県費事務:かなりシゴトの早い人)が50人になったところで私たちの忙しさって何も変わらないわよね~。」
だって。そりゃそうだわな。

 それにしても、またもやウチの市教委はやってくれるね。昨日の朝、職員室に行ってみたら、「教員の多忙感に関するアンケート」というプリントがそれぞれの机上に置いてある。朝の職集で教頭先生が、
「お忙しいところですけど、これをいついつまでに提出してください。」
とおっしゃる。ハァ?(またかよ)ってなもんなんだけど、すかさず2年の学年主任が
「忙しくて書いてるヒマないんですけど!」
と突っ込んでどっと笑いになったのでした。でもみんなちゃんと提出するんだよな~。俺も書いたよ、急遽入った自習監督の1時間目が終わるまでに。休み時間に(真っ先に提出だ!)と意気込んで提出したら、すでに5~6枚のアンケート用紙がすでに教頭先生のところに集まっていたのでした。みんなどうやって時間を生み出しているんだ?!
スポンサーサイト



テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

コメント

 多忙な教育職の中でも特に多忙なのは中学の先生でしょう。次が小学校でしょうか。私のいる高校現場ももちろん全然ヒマじゃないですが、伝聞する小中学校の事情は相当スゴいですから。
 この報道を受けてなお、増員は必要ない、それよりも個々の教員の資質向上をせよと主張する産経新聞の根性も相当なものです。

  • 2014/06/28(土) 23:44:24 |
  • URL |
  • shira #-
  • [ 編集 ]

ほんと、どうやってお時間を作っていらっしゃるの?
先生稼業は大変だとマスコミでは聞きます。
サービス業って大変やなあ。
産経新聞は先生の敵?
日教組の敵かしら?

  • 2014/07/09(水) 15:02:59 |
  • URL |
  • なおぼん #-
  • [ 編集 ]

 中学校でも、でかい学校だったら校務分掌が分散されるので、「え?」と思うほどやらなきゃいけないことが少なくなる場合もあります。でも、そういうときは、自分から仕事を探しちゃうのが教師の性。学級通信を充実させてみたり、担当になった行事なんかで凝った演出を考えてみたり、「忙しさ」を自分から呼び寄せちゃうんだよな~。シゴトしてないと不安になっちゃう「農家の嫁シンドローム」に毒されているところはある。
 産経新聞?たぶん日教組憎しで学校叩きでもしてるんじゃないかな~。でも、今時日教組なんて、少なくとも自分が教員になった頃(平成になった前後)から、全然存在感なんかない。誰が組合なのか、とか話題にも上らないし、最近では署名も回ってこないし。幽霊を相手に戦うよりも、現実を見てからものをいってもらいたいものですね。
 こっちは期末試験と修学旅行と成績交換その他が絶妙な並び順の日程となって、激多忙しの日々が続き、数日ほど腹部にじんましんが出ていました。やっときのうで一段落したからよかったけど、疲労でじんましんが出たなんて、中学1年生の時以来だよ。

  • 2014/07/13(日) 23:28:22 |
  • URL |
  • crabfaceguy #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/284-f47a6c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)