FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

イジメは永遠に

 この間、中1女子がイジメが原因で自殺した、という話がまたしても話題になっていた。この悲しい出来事はいつになったらなくなるのか。

 まあ、なくならないだろうね。なくなるわけがない。

 理由は簡単である。イジメ事件の報道をじっくり見てみればわかる。それは、
イジメをしたヤツら自身の責任を追及しないからである。
いつだって、世の中が悪い、子供はストレスを抱えている、教育が悪い、まわりの大人がよくない、先生が悪い、そればっかり。イジメをやったヤツが悪い、と真っ正面から論じることなんかまずない。見たことがない。

 イジメをする方は楽なもんだよね。なにしろ、何をやってもおとがめ無し。放っておけば周囲が勝手に、自分たちの責任ではない、って言ってくれて、自分たちは悪くないことにしてくれる。相手が不登校になろうが死んじまおうが、当事者達は
「この子達だって将来があるのだから」
という大義名分のもと、いつの間にかマネーロンダリングよろしく、潔白な子供たちに仕立て上げてもらえる。

 だが、皆さん、自分たちの子供の頃をよ~く思い出してもらいたいのだが、子供ってそんなに「悪くない」存在といえるのか?子供はウソをつくし、喧嘩もするし、万引きもするし、ピンポンダッシュとか道いっぱいに広がって歩くとかの迷惑行為もするし、場合によっては高速道路の橋の上から石投げたり、電車の線路に石を置いたり、等の危険な犯罪行為なども実際、やる。
しかも、わかっていてやるのである。
「やっちゃいけないなんて知らなかった。」
なんて常套的なウソである。なぜ、そこで大人はだまされてしまうのか。まあ、まさか自分の子供が!という感じで、信じたくないからだろうな。そういうのが遥か2歳3歳の頃からの生活の積み重ねでだんだん大きくなっていくのだ。ある日気付いたときには子供は取り返しのつかない悪人になっている。(もちろん、どこかで本人が気がついて親が知らないうちに修正する、ということもそれなりに行われる。)

 しかし、たとえばイジメをしたら相手が耐えかねて自殺してしまった、なんて事態が起こった場合に、やったヤツが保護される、という現状には疑問を感じざるをえない。つまりやったヤツの人権よりやられた方の人権はどうなるのか、ということである。そして、それがうやむやだからイジメがなくならないんだよ。とても単純な話なのだ。

と俺は思うね。

 だいたいからして、最近の子供たちのモラルのひどさには目をおおうものがあるよ。昨年度の俺のクラスで起きたイジメ事案のなかでも(イジメは起こるのが当たり前だから、それをこういうところでカミングアウトしても俺は恥だとは思わない。何度でも言うが、起きたイジメをうまく処理できなかったほうが重大な問題なのだ)、イジメを行ったある生徒からこんな発言があった。
「僕は、ホニャラ君が僕のことを突き落とす、と言っているのをウニャラ君から聞いたので、僕はウニャラくんと一緒に、ホニャラ君をハブろう(仲間はずれにしよう)、ということにしたのです。」
最初はフ~ン、と思った。たいていの大人もフ~ン、と思うだけでしょ。ところが、よくよく話を聞いてみると、この言葉にはとんでもない意味があったのだ。つまり、
「突き落とす」
というのは隠語で、その意味するところは
「徹底的にイジめて不登校にする」
ということだったのである。それをわかっていて彼の言い分を聞いてみると、現代のイジメが新たな局面に入っていることに気付く。つまり、相手を不登校にするのを目的にイジメを行う、という驚くべき発想が生徒の中で一般的になっている、ということである。実際、不登校になった生徒を
「あいつ、学校に来なくなってやがんのヨ~」
と、いじめた連中が嘲笑っているのも聞いたことがあるし、別の場面でイジメをやってた女子に話を聞いていたときに、
「アタシはそれほどワルじゃないよ。」と問わず語りに言っていたこともあった。

 どうです?これでも人権をたてにイジメをしたヤツらをかばいますか?大人がもっともっと子供のことを(美化しないで)ありのままの彼らと向き合っていくとかしないと、もう取り返しのつかないところまで子供の世界は病んでいくんじゃないんですかね~。
スポンサーサイト



テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

コメント

日本の大人は賢いかも

 大人もそれほどバカでないのでは。今日の記事は少し疑問が残りました。
 大人が騙されているのか、はなはだ疑問かも。私は情報屋出身の非常勤講師です。私のポリシーは誰もが賢いと言う前提で物事を捉えます。新しい発想が浮かぶことも多々あります。
 今回の記事では、人権を盾に、苛めた人をかばう人は賢いと言う仮説。新しい気づきが私はありました。でも、これ以上は品性が疑われかねないので、書くのをやめます。きっとその人たちは賢い人がほとんどではないかと言う問題意識だけにします。
 異論のような結論だけで、今回は勘弁してください。でも、管理人様なら私の言いたいことはお分かりでしょう。

  • 2013/09/15(日) 18:26:54 |
  • URL |
  • tsuguo-kodera #-
  • [ 編集 ]

Re: 日本の大人は賢いかも

いつもコメントありがとうございます。
今回は、自分の担当する子供たちが日々行う困ったことの後始末をする側として、もどかしい思いを記事にしてみました。いじめ自殺事件があったときに、
「日々のストレス解消のためにイジメをする、その結果相手が自殺する、それで原因は日々のストレスであって、いじめた子供ではない」
という方向に話が進んでいくのがおかしいんじゃないの?と思うのですがどうなんでしょう。そして、その論理の裏に
「子供は純真無垢で素直、みんないい子」
という大人達(老人達?)の幻想が見え隠れすることにもちょっと触れた、というつもりだったのですが。

  • 2013/09/16(月) 09:43:34 |
  • URL |
  • crabfaceguy #-
  • [ 編集 ]

現生かも

 何事も先生方のように美しく物事を捉えられないビジネス上がりの男ですので、変わり者、下衆のたわ言と思ってください。
 老人は現金が好き。上に上がるほど、名誉心はますばかり。そのような多くの上等な人々のメリットがその経緯にあり、その結果、複雑性の法則通りに単純な結論で皆さんが納得させられるのかも。ドイルやアガサクリスティなら上手く小説にできるのでしょうが、当方は文才もありません。すみません。
 虐めのニュースはメディアの糧であることは事実。利益のある奴を疑うのが常識です。すると評論家の糧であり、さらに救急車追跡者の糧かも。極論同士の訴訟案件が増えると、その士さんは仕事が増えるのかも。そのためには子供は無垢であるほうが良いのでは。無垢はお金がありません。
 被害者は苛められた生徒さんと主管の先生でしょう。さらにどんどん被害者が増え、事件が大きくなった結果は、幻想ではなく現金があるかも。

  • 2013/09/16(月) 12:16:03 |
  • URL |
  • tsuguo-kodera #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/266-d4884169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)