FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

ある生徒指導の筋道と実際

 3年生にハチャメチャな奴がいる。あまり詳しくは書けないが、4月当初にカツアゲをして警察沙汰になり、入学式の日には弱っちいのをぶん殴り、その指導をされて
「もうやりません」
という舌の根も乾かない次の日には別の奴をぶん殴り(やらない、というのはあくまでもそのときやらかした相手限定の話)、さらに
「ホニャラが悪口を言ってやがる。」
といって(悪口を言っている現場に居合わせた、とはなんたるバッドタイミング)そいつをつけ回し、次の週の頭にはギャラリーを呼び集めた上でそのホニャラをトイレに呼び出してボコボコにやってしまい、やられた方は怖くて学校にこられないという保護者の訴えもあり、担任が登下校時に送り迎えをする、という事態になってしまった。もはや出席停止処分ものであるが、まあ諸般の状況から当分の間、相談室での「別室指導」ということになった。
 そいつの言い分を聞いていると、
もうやらない、って俺が言ってるんだからいいじゃねえかよ!お前ら(教師)は関係ねーだろ!」
「いつになったら普通の教室に戻してもらえるんだ!」
の一点張りである。そして、暴行を働いたことについては全く、そう言葉の真の意味で「全く」良心の呵責を感じていない(あんな奴殴ったってあたりまえだろ。そのどこが悪いんだ)という状態は、もはや不気味と言っていいほどなのである。
そもそも教師側として求めているのは「反省」である。暴力行為は悪いことだと思ってもらわなければならないし、やられた相手の痛みに心を向けてほしいし、少しでもそういうそぶりというか心の動きが見られないことには、危なくてほかの生徒とは一緒にできない、というのが現実で、これでは「隔離しておく」しか手がないではないか。万一次のターゲットがやられてしまうようなことになったら、もはや責任は学校にある。「何であんな奴を野放しにしたんだ、こうなるのはわかっていたじゃないか。」と追及されても仕方がない。だがコイツと来た日は、そういう状況をいくら説明しても理解できない(理解する回路がない?)というのはやっぱり一種の発達障害なんだろうか。全くの膠着状態である。「別室指導」の期限をつけるメドが立てられないのだ。

 それにしても、困ったのはその「別室指導」である。これはそいつ一人のために教師が最低一人はついていなければならない。総合的な学習とか選択教科とか手間と人手のかかるバカらしい授業が減って、持ち時数が一頃より多少は少なくなったとはいえ、小さい学校の少ない人数の職員でのやりくりは大変である。何しろクラスが一つ増えたのと同じ事になってしまうわけだから!そればかりか、そういううろんな輩と一対一で角を突き合わせて一つの部屋にいる、というのは、わかる人にはわかるだろうが、マジ骨が折れるぜ!
 「危ない奴」を普通の生徒から隔離する、というのは普通の生徒の親からすれば当然の要求である。そいつのために学校に来られない、なんて生徒が出てしまえばまさに、悪い奴がのさばり、まともな奴が息を潜めている、という西部劇映画のような世界であり、いやしくも学校という場でそんなのを許しておけるわけがない。だが、現実には不可能なことも多いのであろう。うちの学校はトンデモちゃんが今のところ他にいないからどうにかなっているが、これが複数になってしまえば間違いなくソッコーお手上げである。現実に数年前はそうだったし、以前いた学校でもそういう状況にこれまで何度も陥ってきた。そういうときに関係機関(児童相談所とか警察とか)との連携を上手にコーディネートしつつ危機を乗り切る才覚のある管理職がいてリーダーシップをとってくれるといいのだが、そうでない場合(のほうが多数派じゃないかと推測できるが)は、たとえば職員一人一人の生徒への対応がまちまちになってきて余計に混乱したりとか、善良な生徒が教師を信用しなくなったりとか、とにかく秩序が根本から崩れてしまい、それこそ弱肉強食、全校の生徒がまさしく不幸になる。
 生徒指導、毅然とした態度で、一歩も引かず、とはわかっているが、現実には思うようにはいかない事の方が多いのだ。(タメイキ)
スポンサーサイト



テーマ:中学校 - ジャンル:学校・教育

コメント

 本当にお察しいたします。高校の方が中学よりも人員も施設もいささか恵まれてはいるのですが、それでも同時に何人もがトラブルを起こすともう業務は回らなくなります。
 それにしても件の生徒は、詳しく書けないというレベルでこれだけ書けちゃうほどの子なんですね。いやあ・・・読んでてこちらもため息が出ました。

  • 2013/05/09(木) 21:56:52 |
  • URL |
  • shira #-
  • [ 編集 ]

生徒指導の真髄ですね

リアルな描写が刺激的で大変勉強になります。が、一点だけ疑問があります。教師がその生徒に求めることは果たして「反省」なのでしょうか。具体的な責任の取り方を教えなければ最後まで何にも気付くことなく終わるのでは?と思いました。

  • 2013/05/10(金) 00:28:49 |
  • URL |
  • jpac #KBJvIUTM
  • [ 編集 ]

shira様、jpac様、コメントありがとうございました。jpak様、本来はおっしゃる通りなのですが…

  • 2013/05/10(金) 01:26:52 |
  • URL |
  • crabfaceguy #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/257-8c99c017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)