FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

嫌われる生徒(拾遺)

その7:友達を抱え込むヤツ
 女子に多いのだが、一人の友達と深くつきあいたがるヤツがいる。これは正直言って嫌われる。というのも、そういう傾向の生徒ってそう多くはいないからだ。たいていの生徒は友達、といっても単にふざけて盛り上がるだけの表面的なつきあいしかしていない。「何でも打ち明けられる友達」なんてそうそういるわけないじゃないか。だから、普通の生徒は浅く広く、何人も「友達」と呼べる人間を作って、何となくグループで行動している。当然そこから一人だけを抱え込んで、引き離そう、などというモーメントが働けば、困った事態になってしまう。グループとしては仲間が一人減るわけだし、抱え込まれる当事者にしたって他の生徒との会話まで事実上制限されちゃうわけだから迷惑な話だ。しかも、そういうヤツは「深い関係」にあこがれているわけだから、ある生徒を抱え込むのに成功すれば相手がどう思おうがお構いなく信用して自分の心の闇まで洗いざらい話してしまう。つまり
「ホニャラさんって、ホニャホニャだよね~。」
なんて、人の悪口なんかもぜ~んぶ口に出しちゃう。後はどうなるかなんて、聞かなくてもわかるでしょ。おまけに、相手が辟易して離れていくと
「裏切られた!」
と深く傷つき、孤独感の中にどっぷり落ち込み、相手を憎み、その戻っていった先のグループをも長々と恨んでたりする。
 しかもそういうのに限って教師のアンテナに引っかかってくることも少ないのだ。というのも、この手の生徒は日頃の生活態度は大人しく品行方正で優等生だったりすることが多いからね。後になってけっこう人間関係がこじれたりしてから、
「えっ!あの子がそんなことを?」
なんてことになる。ま~始末に負えないといえば始末に負えない子ではあるのだ。
その8:被害妄想
 ちょっとしたこと(何かを言われたとか、ちょっとぶつかったとか、目が合ったとか)、本当に普通の生徒なら何とも思わないことで、いちいち
「悪口を言われた。体当たりをされた。ものすごい目でにらまれた。こっちは何にもしてないのに!」
と、針小棒大に教師に言ってくる。しょうがないから(最初のうちは「そりゃ大変だ」というつもりで)相手に確認してみると、何も出てこない。訴えられた生徒にしてみれば、わざわざ先生に呼ばれて何を文句を言われるのか戦々恐々だし、説明するのに手間かかるし、迷惑な話には違いないから、度重なれば
「何だ、あいつは!」
ということになるのは当然だ。
 しかし、たいていの場合こういうのはやむを得ない側面もあるのだ。つまり、かつて激しくいじめられていた時の名残だったりする。こっちとしても精一杯気を使って対応するのだが、そんな生徒はどうしても疎まれちゃって友達が少なかったりするな~。かわいそうに。
スポンサーサイト



テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/248-212597e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)