FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

若い奴をあきれさせる

 倅がついに大学を出て、最近臨時採用の口を見つけ、算数の学力向上を目的にTTのT2を主に担当する、という仕事を小学校で始めたのだ。ところが、そこで目にした先生方の危なっかしさにけっこうびっくりしていて、ウチに帰ってはなんだかんだと愚痴っている。
 その中でも、算数の授業の中で、基本的なミスが多くて困ったわ~なんてことがしょっちゅうあるらしい。

① T1「33は素数ですね。」
  児童(暫しあって)
    「ザワザワザワ」
  T2(急いでT1に忍び寄り、ひそひそ声で)
    「センセー、違いますよ!!33は素数じゃありません!」

② T1「最大公約数が1になる二つの数をあげてみましょう。
     たとえば「4と10」の組み合わせなんかそうですよね。」
  T2(慌てて)
    「センセー、違いますヨ~!!(殿、ご乱心召さるな)」
  T1「あれ?」

 なんてやりとりを実際に連日やってるというのだが、なんだかおとぼけだのう。児童の学力よりも先に教員の学力のチェックが必要だってか?たまたまその学校だけの話だと思いたいぞ!
スポンサーサイト



テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/241-becb18c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)