FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

教師の研修が必要だって?

もう、はっきり言わせてもらうけど中学校の法則。

「上から押しつけの研修は、やればやるほど学校が荒れる」

ちょっと考えれば当たり前のことだ。このところ、学校で何か問題が起こるたんびに「教員の資質が問題だ」「もっと教師に研修をさせなければダメだ」といった議論がわき起こり、それでなくても忙しい学校現場にこれでもかとばかり新しい「研修」が登場して、混乱に拍車がかかるばかり。

あのねえ。学校の教師って、全然ヒマ無いんだよ。遊んでるように見える?学校の教師にとって一番大事なのは「生徒と直接ふれあう時間」だと思うんだけどね。間違ってるかな?
まともな教師はそのための時間を何よりも多くとりたい。大事にしたい。(だから逆に遊んでるように見えるかな?)しかし、官製研修はその最も大切な時間を蝕んでゆく。も~わかってるよそんなこと、とゲップが出そうな内容ばっかりでロクに役にもたたない研修とやらでレポートは書かなけりゃならないし、半日とか、午後の大切な時間をどこかに出張しなけりゃならない。そんなんで教育活動ができるの?

「指定研修」はいわずもがな。諸悪の根源。野心家の校長が引き受けてくるんだけど、もうその年度は終わりだね。会議会議研修研修で生徒なんかほったらかし。いったい何のためにやってるの?(わかってるよ。校長が名前をあげたいのさ)一将功なりて万骨枯る。あとは野となれ山となれ。そして校長はご栄転。

俺が経験したある年度の「文部省指定研修(生徒指導総合)」なんか、本当に無惨だった。見事にまとまった研究紀要。一見素晴らしい本発表。本発表の打ち上げでは校長が男泣きになく、という珍しい場面もあって、我々も少し感極まったところもあった。だが、感動のひとときのちょうど同時刻。我が中学生どもは、なんと近所の川の橋の下で酒盛りをやってたんだよ!ほとんど3年男子全員が参加したという大事件だ。何人もの生徒がへべれけになっちまって、酔った勢いでコクって振られて人間関係がやばくなるヤツは出るわ、近所の人に通報されるわ、であとあとタイヘンだった。研修の現実なんてそんなモン。

今日、同僚の先生が20年次研修とやらに参加しなきゃいけない、とか言ってぼやいていたので、そんなことどもを思い出して書き殴ってみた。
スポンサーサイト



テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/23-7d570c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)