FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

TIPS(くだらないよ)

その1
 3月、あっちこっちの掲示物が剥がされ、殺風景になった職場。さっそくラジオペンチ(なるべく先の細いやつ)を持って校舎内の探検に出発しましょう。そして、廊下の掲示スペースをひたすらなでていきます。すると、
「いてっ!」
と思う瞬間があるでしょう?そうしたら、目標発見です。まず、持っているラジオペンチでそこんところをほじくり返します。すると、先のとがった金属の棒がにゅるっと現れる。!そう、これは頭のとれた画鋲でございます。壁面のあっちこっちに潜んで生徒や職員の大切なお肌や服をを傷つけよう、と待ち構えているのです。心ある先生なら、そんな危険物を放って置いてはいけません。学校中の壁面からすべて引っこ抜いて撲滅しようじゃありませんか。

その2
 新入生とともに職員室に入ってくるものといえば、いわずと知れた「指導要録抄本」に「健康診断票」「歯の診断票」とかですね。そして、もちろん氏名のゴム印も。ところが、小学校から上がってきたゴム印って、なんだか傷んでると思いません?細かいところがつぶれちゃったりして、名簿を作ったりするのにせっかく捺しても見られたものじゃない。
「ホニャララ君のゴム印のホニャの字はだめだにゃ~」
とか密かに思ってたりするのですが、実はあれ、けっこう傷んでないんですよ。よく見ると、6年分の古いゴミとかがインクと混じってこびりついているのです。それを古い歯ブラシかたわしかなんかでこそげ取りましょう。(あんまり乱暴にやるとインクが飛び散って服が被害を被るし、ヘタすると本当に印面が壊れてしまいます。)すると、ありゃま~!まるで新品のようなクリアな印面がよみがえるではありませんか。

以上、やってるところを目撃されない限り、絶対に感謝されないTIPSでした!ヒマなとき(なんてないだろうけど)こっそりやってみて。
スポンサーサイト



テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/224-13067dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)