FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

高校入試と「お受験」がごちゃ混ぜに

 3年生の三者面談が今日で終わった。まあ最近はいろいろ言ってくる親が多いから、多少のことではもう驚かないけどね。
 今回の面談では2学期の成績と内申書の数字を提示し、私立高校の事前相談(個人で行く)の方針を明確にさせる、という目的もあった。ところが今日、ある母親が、面談終了後(つまり職員だってとっくに帰る時間)に家から電話をかけてきた。成績が悪いなんて納得できない!といういつものヤツかいな、と担任の応対を聞いていたらずいぶん手間取っている。で、終わってから聞いてみると、つまり、2学期の成績の9教科の合計が、ある私立高校を推薦で受験するのに「1」足りないので、どうにかしてほしい、というより、
なぜ足りなかったんだという怒りの電話なのだ。そんなの、もちろんこっちのせいじゃない。本人の責任だよねえ。自分の出来が悪かっただけの話だ。
 ところが、そこから先がなかなか新しい。
というのも、自分の子は、○○高校に入学することを夢見て一生懸命努力していた。(私立単願なのね。)そして、前回の三者面談で、推薦の基準はいくついくつだ、と先生に伝えてあったはずだ、それなのに、なぜ足りないのか。必要な数字をそろえるのがスジじゃないのか。我が子はショックを受けてしまっている。どうしてくれるんだ。主要5教科では「1」上がっているのだから下がったのは技能教科であろうが、そもそもどの教科が下がったのか。(ウチの学校では、現時点では3/5/9教科の数字だけを保護者・生徒に伝えるという申し合わせ。)その教科が下がったことに対して、担任としてはどのような見解をもっているのか…。

 ようするに、
受験を希望する高校の基準に合わせてオマエらが成績を付けるなんて当たり前だろ?という驚愕の主張なのだ。しかも、他にも一件全く同じ内容のクレームがあったという。あのねえ!!
 皆さんわかってらっしゃるだろうがここで確認すると、そんなのあるわけない。中学校は教科担任制だよ。いちいちの教科の成績なんて学級担任なんかが関知してるわけないでしょ。小学校じゃないんだからさ!…そうか、小学校と混同してるんだね、この親。「お受験」だったら、親が
「内申書、よろしくお願いしますね。」
といえば、担任が
「よく書いときましたからね!」
というやりとりもけっこう考えられる、というか存在する。(もっとも、本当によく書いたかどうかは、封をしちゃえばわからないんだけどね。)そんな場面が一般的になってくれば、中学校でもこっちの言いなりに内申点も操作するもんだ、と思っちゃうのも無理もないのかも知れない。
 でも変だよね、その親。自分だって中学生だった時期があるんじゃないの?教科担任制の実際のことなんかわかるよねぇ…。(それとも忘れちゃうのかな…)そして、明白に
「あと一点、追加してください!」
と要求してくるあたり、本当に困る。できるわけ無いじゃん、そんなこと。うっかりやっちゃえば全体での成績のバランスが狂っちゃって(最近じゃみんなして成績を見せ合ってるわけだから)誰それが4なのに何でワタシが3なんですか!という生徒にとっても教師にとっても都合の悪い問題が顕在化しちゃうし、第一、誰か一人にそういうお情けをかければ、他のヤツだって我も我も、とねじ込んで来て収拾がつかなくなるに決まってるし!
 まあ、どうにかその場は担任が説得して電話を切ったが、そんな理不尽なクレームでも30分ぐらいはかかっちゃうわけで。またまた本当に必要な仕事が後回しになるってことさ。



 ところで、その成績だが、以前と比べて「自由度」というものが減っている。どういうことかというと、成績の付け方をかなり明確に規定するようになっているということだ。まず年度当初に「シラバス」という文書を保護者に渡し、教科毎にこれこれの内容で授業を行い、こういう観点と評価方法によってこういうテストをして、その結果の5~1の評価はこんな方法でやりますよ~、と公言するわけだ。そして、ほぼその通りにやる。するとその結果が厳然と出てくる。で、それによって(生徒の名簿と子供の顔との整合性なんかろくろく考えもせずに)機械的に5から1までを割り振っていく。もちろん昔みたいな相対評価じゃないから出来がよければ5の人数も増えるし、何と言っても結果を残せた生徒はそのまんま正しく評価される。しかし、ここで問題なのは、「コイツは一生懸命取り組んでいて、これこれのいいところがあって、それを伸ばしてやりたいな~励ましてやりたいな~」みたいな、評価する側の「さじ加減」が入る余地がなくなる、ということだ。前述のように、生徒は成績を見せ合っちゃうから、
「テストの点がこれこれで、提出物の評価がこれこれで、授業態度だっていっしょで…、なのに、どうしてコイツの方が俺よりいいんだ!」
というのをかなり詳細に分析した上でクレームをつけるときにはつけてくる。それに対して教師の方が説明ができなくなってしまうのだ、変な操作をやっちまうと。もちろん、そんなの不正だろ!といわれればそれまでなのだが、やってもやっても先の見通しがつかなくてやる気をなくしかけていたりする生徒とかを、これまで何度もこんな方法(他にもいろいろあるけど)で救ってきたのは確かだ。だが、今はそんなわけでこの方法は使えない。自縄自縛ってヤツかな、自分で作った基準に足を取られちゃっているわけである。
 さらに言えば、そういうわけで余計に、前述のような、内申点なんとかしてくれ系のクレームは、にべもなく門前払いをするしかなくなっているのさ。誰のせいなんだか。
スポンサーサイト



テーマ:高校受験 - ジャンル:学校・教育

コメント

お久しぶりです

crabfaceguy先生、
ご無沙汰しております。

当方もただいま受験体制まっただ中であります。

「ところ変われば」と申しますが、
地方では(うちだけかもしれませんが)、
公立志向が強いので私学推薦や単願は少数派です。

それでも、
今回の記事には驚きました。
「私学推薦の基準を保護者が担任に伝える」
この段階ですでにあり得ないのですが・・・・・。

「受験を希望する高校の基準に合わせてオマエらが成績を付けるなんて当たり前だろ?という驚愕の主張なのだ。」

絶句です。

  • 2009/12/20(日) 18:10:58 |
  • URL |
  • 今年は野武士 #-
  • [ 編集 ]

今年は野武士さま、コメントありがとうございます。

 首都圏では公立の凋落はもはや歯止めがきかなくなっている観があります。公立は授業料安くすんでもその分予備校とか浪人とか、ということになると、現役でそれなりの大学に押し込んでくれる私立の方がよほど安上がりだ、ということが今や一般に知れ渡ってきたこともあります。優秀な子は私立へ流れる傾向です。一方で、やはり私立に入れるのはお金持ち、という旧来の価値観も死に絶えてはいないので、ここでも、親の経済力と子供の進学との相関関係が色濃く現出しているというわけです。
 こちらでは、生徒と保護者が個別に私立高校を訪問し(「個別相談会」と銘打った説明会が頻繁に開かれる)、高校側が「中学校推薦」の基準を生徒に示すというのもごく一般的ですから、件の生徒のようなカンチガイも起こるのでしょう。私立高校だってよい生徒がほしいわけだし、生徒も少しでもいいところに入りたいわけだから、お互い必死、ってことですかね。うちの中学では半数が私立単願、なんてクラスもあります。
 それにしても「今年は野武士」先生、ずいぶんご活躍のご様子、というよりどういう時間軸で動いているのか怠け者の私なんかには想像もつきません。ご健康に留意なさってくださいね。

  • 2009/12/21(月) 15:58:18 |
  • URL |
  • crabfaceguy #-
  • [ 編集 ]

新年のご挨拶

crabfaceguy先生、
新年明けましておめでとうございます。

まずは、生徒の進路保障、
そして無事に卒業の日を迎えるべく
頑張ってまいりましょう。

ことしも遊びにまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2010/01/02(土) 00:32:50 |
  • URL |
  • 今年は野武士 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/165-8ddb0c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)