FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

小学生が転落死…にちなむ話

 残念なことである。どこかの小学校で、屋上の天窓を突き破って小学生が転落し、死亡した。最初の報道では、その児童が天窓に寄りかかっていただけだ、といっていたが、後から、どうもその天窓の上で飛び跳ねていたらしい、ということもわかってきた。相も変わらずマスコミというものは、学校を悪者に仕立て上げたいモーメントが本能的に働くようだな。

 それはともかく、実はこの俺もかつて生徒を転落死させそうになったことがある。
もうずいぶん前のことになるが、その頃入学したての1年生の担任であった俺は、ある学活の時間に「校内探検」というのをやっていた。とは言っても小さい校舎なので、そうそう回るところもなく、すぐ終わってしまうのだ。そこで、生徒にせがまれるまま、普段は鍵のかかっている屋上に出てみよう、ということになった。で、職員室から鍵を持ち出し、生徒と一緒に4階の踊り場からさらに屋上へ…。
 だが、実はこの屋上は、何かの保守点検で業者などが入る以外は人の立ち入りが禁止されていた。そして、立ち入り禁止が前提だから、というスゴイ理由で周囲には柵もない、という驚くべき屋上だったのだ。俺はそれを知っていたので、生徒には事前に、
「危険だから絶対に走るな。絶対に建物の縁の方には近寄るな」と指示を出しておいた。
だが!
とんでもない落とし穴があったのだ。その校舎は新しい部分が増築され、旧校舎との間を廊下でつないでいる部分があったのだ。俺は新校舎の方に興味があって、廊下部分の屋上を伝ってそっちの屋上に至っていたのだが、数人の女子生徒がつい、俺のいる方へ走ってきてしまったのだ。
「うわー!」という驚きの声が上がって振り返った俺は、まさに心臓が口から飛び出るかと思うほど仰天した。彼女たちは、まっすぐ俺のいる方角に向かって走ってきて、回廊部分ではない、旧校舎と新校舎の間にできた奈落の底のような部分の縁の、断崖絶壁の直前で棒立ちになっていた。あと一歩!という危ういところで、彼女たちは立ち止まり、4階建ての屋上から真っ逆さま、という運命を免れたのであった。
「うわー、すごい危なかったよ~!!」と無邪気に笑う生徒。凍りつく俺。


 後で、先頭を走ってきた女子(頭脳明晰明朗活発を絵に描いたような学級委員でその後ソフトボール部のキャプテンになった:もう30代であろうか)に聞いたら、なぜそこで立ち止まったのか、自分でもわからない、と言っていた。本当に危なかった。あれで一人でもあそこから落ちていたらいったいどういうことになったであろう、と思うと今でもまさに、背中の毛が逆立つような気がする。俺は、この一件についてはあまりにも恐ろしくて管理職はもちろん誰にも言うこともできず、今まで黙っていたのだが、とにかく、安全に関して決められていることはやっぱり墨守しなければならない、というのだけは肝に銘じた。もちろん、その後は生徒になんと言われようが屋上に出たり、そのほか危険なことは決してさせないように目を配っているつもりである。

 その後俺は倅どものからみでボーイスカウトのリーダーもやっていたりしたのだが、その時に繰り返し強調されていた言葉、
「安全はすべてに優先する」
というのはまさしく至言である。今回のような悲しむべき事件が起こるたびに、俺はこの言葉をかみしめるのだ。
スポンサーサイト



テーマ:学校での出来事 - ジャンル:学校・教育

コメント

危機意識を高める良いきっかけになれば

>最初の報道では、その児童が天窓に寄りかかっていただけだ、といっていたが、後から、どうもその天窓の上で飛び跳ねていたらしい、ということもわかってきた。相も変わらずマスコミというものは、学校を悪者に仕立て上げたいモーメントが本能的に働くようだな。

天窓に寄りかかろうが飛び跳ねようが
学校側に責任があるのではないですか?
悪者とかそういう次元ではないように思います。
現場意識が事故を防ぐ第一歩であると考えるならばなおさら。
子供というのは危険を好む性質がありますから
それを前提とした教育や指導における危機意識が必要でしょう。

今回の事故を反省したところで子供が生き返るわけではありませんが
せめて自分たちを見直す良いきっかけになればと思います。
そして、それが指導者に求められる資質といえましょう。

  • 2008/06/29(日) 04:03:47 |
  • URL |
  • Psyche #QnynE5qE
  • [ 編集 ]

 まったくおっしゃるとおりです。結局、事前に危険を取り除くこと、どうしても取り除けない場合には万全の策を施してから臨むことなど、指導者の資質として絶対に欠かせないものであると思うし、何かことが起こったときに学校に責任がない、と考えるわけにはいきません。 

 しかし、それでも危険に近寄っていく子供に「大人のいうことを聞かないと大変な目に遭うんだよ」という躾を施し損ねることは、また別の次元の話だと思います。(本文の最初の方はそのことに言及したつもり。)かなり前の話ですが、ある中学生が、教師の再三の指導を無視して窓から転落して死んだかケガをしたかしたときに、「学校側には責任はない」という判決がくだったことがある、と聞いています。
 学校に限らず、周囲の大人がそれなりに子供に目をそぐことをもっと意識してほしいなぁ、と日頃から思っているのです。

  • 2008/06/29(日) 10:27:35 |
  • URL |
  • crabfaceguy #-
  • [ 編集 ]

指導者としての責任

なるほど。おっしゃるとおりと思います。
躾を施し損ねることと学校の責任とは別の問題でしょう。
しかし私が言っているのはそのようなことではなく
こういった事故が起こったときに

> 学校に限らず、周囲の大人がそれなりに子供に目をそぐことをもっと意識してほしいなぁ、と日頃から思っているのです。

と、どうして学校以外の協力を説くようなことを
真っ先に主張するのか?という疑問なのです。
率直に言うと、その考えを見る限り
当事者意識が高いとは思えないのです。

もちろん子供が言うことを聞かないのには
親にも責任の一端があるとは思います。
しかし、親のいない学校という場であるからこそ
指導が入らない原因は指導者にあると考えるべきでしょう。
指導者の立場から意見を述べるのであればなおさらです。

  • 2008/07/03(木) 03:21:21 |
  • URL |
  • Psyche #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/116-b84951d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)