FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

アブナイ予算

どうなってるんでしょうねぇ。数日前のニュースによると、文科省の教材費として地方に交付している「特定財源」をほとんどの道府県が他のことに流用しちゃっているんだそうだ。
 道路特定財源とかについても、それがないと行政サービスがちゃんとできなくなる、なんてどっかの県知事が公言したりしていて、何ふざけてんだ、とか思っていたのだが、こんな身近な話だったとはねぇ。
 教育は「百年の計」と言われているんだから、ここでケチるのはよしてほしいもんだ、と思うのは俺だけではあるまい。現実問題、教育費に金をかけているのは「親」に他ならないが、その重荷をもうちょっと政府の方でも肩代わりしてほしいもんだ、と三児の父として切に思うニュースであった。
(あっ、でも公務員の人件費に充てるほかありません、なんて話であるとすれば何も言えないにはちがいないのだが…)
スポンサーサイト



テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/109-ccc6cc52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)