FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

痛ましい事故

 おととい、俺の勤務する学校に隣接する学区の小学4年生女子が交通事故で死んだ。たまたま今日は市教研の総会で、市内の幼小中のほぼ全部の先生が市民会館で一堂に会したのだが、その最初は1分間の黙祷、というやるせない場面で始まった。
 その子はどうやら自転車で交通標識を無視して飛び出し、軽自動車にはねられたらしい。運転していた64歳の主婦が逮捕されたが、そのおばさんにしても、まことに降ってわいた災難というべきであろう。自動車を運転する人間には、避けて通れない宿命であるとさえいえるが、事故は得する奴が誰もいない、本当にイヤなものである。昨日も職員室でその話題になったが、「明日は我が身」という思いには身震いさせられる、というのが結論であった。

 それにしても、自転車は「車両」のうち、道路交通法は守らなければならない。20年くらい前のことだが、家内が小学2年生だか3年生だかの男の子の自転車と接触事故を起こしたことがあった。その子はなんと前を見ずにうつむいて路面を見ながら猛烈なスピードで突進してきて、家内の前を走っていた乗用車が急ブレーキをかけてなんとか避け、後続していた家内も停止したのに、その停止した自動車に衝突したのである。幸い自転車の一部がちょっと曲がっただけですんだが、誰がどう考えても悪いのは子供の方だ。実際あとでよくよく聞いてみると、近所でも札付きの乱暴運転をすることで有名な子供だったらしく、当時家内のところにピアノを習いに来ていた子供たちにも知られていたほどの人物であった。だが、自動車の方は、「運転していた」というだけで責任は問われるのはやむを得ないところではあろう。
 さて、その子供の親父はけっこう厄介な人物で(要するに金がほしかったようで)、保険屋さんも事後処理にはけっこう手間取ってしまったらしいのだが、彼は俺にこんなことを言っていた。
「子供なんだから仕方がないだろう!」

 ほうほう、子供だから飛び出すのは当然だ、周りが気をつけてそいつとぶつからないようにするのが当然だ、と、そうおっしゃるわけですね。じゃあお聞きしますけど、何才からが「子供」じゃないんですかね。ちなみにうちの子は3歳の時にもすでに「飛び出し」なんかしなかったですけど?それで、人間っていうものは、アンタのおっしゃる「子供」と「大人」の境目で、スッパリと「飛び出し」なんかしなくなるものだ、というわけですかね。
 それに、そんな「仕方のない子供」に自転車を買い与えるのはどういうワケなんですかね。アンタの子供が自動車にぶつかって、運転手の責任を追及するのはかまいませんけど、死んだり身体障害者になったりしたら、取り返しのつかない思いをするのは誰なんですかね。
 な~んてことを、その時には立場が弱くて言えなかったが、未だに悔しく思い出す。
 交通ルールはどんなに頑是無い子供であっても極めて早い時期にたたき込まなければならない躾の一つである。不幸なことが起きないためにも!これは親の責任である。
スポンサーサイト



テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://crabfaceguy.blog87.fc2.com/tb.php/108-0d4198e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)