FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

率先垂範:掃除をするなら


 昔、「The 中学教師」という宝島mookがあって、その中で、清掃の時間が大嫌いな先生が、掃除サボってばかりの生徒たちにちゃんと掃除をさせる作戦の話が出ていて、とても共感した。何しろ、俺も小学生の頃から掃除が大嫌いな人間だからね。その頃の友人に聞けば、俺が掃除をさぼって先生に叱られてばかりいた、とだれもが証言するであろう。(正確に言えば学校での「清掃の時間」が嫌いなのかな、身の回りをきれいにしておくことはイヤじゃないからね。)それなのに何を勘違いしたか、学校の先生になったせいで、俺は嫌いな「清掃の時間」からずっと離れることができなくなってしまった。
 それどころではない、新任、というより臨採の最初から、
「教師たるもの、率先垂範!」という方式を叩きこまれた。これは俺にとってはかなりつらいことであり、それから何十年もずっと、清掃の時間こそが一日の中で一番いやな時間である、という状況が続いていた。
 だが、「率先垂範」ってどうなのよ。教師の姿を見て生徒は学ぶ、とかいうけど、現実は全然違うじゃん!本来だったら、先生にさせるなんてとんでもない、とか、先生が率先してやってるんだから、私たちも遅れを取ってはいけない、という感情というか実践力が育つのを「誘う」わけでしょ?なんだかうまくいく気がしない発想だと、ほかの人は思わないのかな~、と以前から思ってはいた。
だって、先生がやってくれるんでしょ。俺たち生徒が掃除する必要あるの?やんなくていいよね。となるのが今時の生徒だったらごくごく普通なんじゃないのか、50年前ならともかく。こういう指導がうまくいく先生って、どうやってるんだろう。てか、そんな指導をちゃんとできる先生なんているのか?

 結局、「率先垂範なんて、もともと無理なんじゃないのか」という長年の疑問は、定年後再任用で赴任した中学校で初めて、やっと、明確に答えを出すことができた。ここでは何と、
「生徒がするべき清掃に、教師は手を貸してはいけない。」という形の指導が徹底して行われていた。そう、教師は「指導」する立場で、「実習」するのはあくまでも生徒なのである。先生が手を下してしまっては生徒の実践の機会が奪われてしまうのだ。なぜこんな当たり前のことが、清掃の場面だけでは教師の目が曇ってしまうのか、不思議である。で、実際にこの方式でやってみると、これもまた不思議不思議である。なんと、生徒はサボりません(比較の問題ね。やらないやつはやらない。いつの世にもどこにでも一定数は存在する)。そして清掃のクォリティは高いです。みんなまじめに丁寧にやってくれます。先生のストレスも少なくなるので、イライラしません。声を荒げることも減ります。というか、むしろ褒める場面を発見しやすくなります。やり方を指導したり、ダラけたやつに文句言ったりはもちろんあるけど、何しろ見てるだけだからね。

結論。
掃除の時間の「率先垂範」なんて、自己満足に過ぎません!
「率先垂範でやっている自分」に酔ってるだけなんじゃないのかな~…。
スポンサーサイト



テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

ケガ人発生!何もかもがうまくいかない日

 今日は、我が吹奏楽部は敬老会にお呼ばれしての演奏会である。ゲンをかついで二階の掃除なんかしてみるが、朝から何だかうまくいく気がしない。
「そういうことを思っていると失敗するわよ」
との妻の言葉に励まされて、しかし、台風も接近中だし、雨降りそうで心配なので、当初の予定ではバイクで行くつもりだったのを変更して、自動車で出発だ。学校から現地までは生徒と一緒に路線バスで行くとしよう。
 職場に到着すると、もうかなりの生徒が職員玄関の前で待っている。彼女らとともに校舎に入り、まずはいつも通りの出席確認・清掃・腹筋・呼吸法・合唱、と進行する。
10:30 練習(最終調整)終了、楽器を車に積み込む準備をする。ここまでは平和でした。
10:40 積み込み開始。ここで最初のトラブル発生。なんと、敬老会が差し向けてくれた楽器運搬用のワゴン車が、驚くべき小ささの普通のワンボックスではないか!事前打ち合わせでハイエース級ってお願いしたのに!さらに、なんだか打楽器の荷造りがはかどらないので4Fの音楽室から自動車の待つ昇降口まで下りていくのが遅くなり、もうその時点ですでに時間が押し始めている。焦って積み込み状況をチェックするとなんと、大きくてかさばる打楽器を差し置いて、小さな管楽器がすでにワンボックスの床一杯に積み込まれているではないか。とっさに
「なんだこれは!全部降ろせ!」
と叫んでしまうが、悪夢を見ているようだ。当然作業は始めからやり直しであるが、この時点ですでに先発隊は出発してしまっていて、人員も手薄。つまり、さらに時間が押していく。まさに悪夢。そして、こんな小さい車ではとても運びきれないと思ったので今朝乗ってきた自動車を昇降口に回し(バイクじゃなくて自動車で来てよかったぜ)、孫用のチャイルドシートを外していると、
「ガッシャ~~ン!!!」
とシンバルを落っことす嫌な音が響き渡る。(そしてここからが本当の悪夢の始まりだった。)
 間抜け野郎が!!と心の中で毒づきながら作業を進めていると、いきなり生徒が、
「先生!」
とただならぬ雰囲気で呼びかけてくるので、あ、こりゃなんかあったな、と。
 車を回って行ってみると、2年のホルンの子が倒れている。シンバルを足の上に落としてけがをしたのだ。親指の付け根から盛んに出血しているようで、靴下が見る見るうちに赤く染まっていく。パニックになって泣いている生徒に、
「落ち着いて。落ち着いて。心配するな。大丈夫だから。」
と話しかけるも、靴下を脱がしてみると、傷口から血がポタポタ垂れて止まらない。そのうち副顧問の先生が来てくれて保健室をあけてくれて、その子を運び込むが、保護者に連絡がつかない。なんか、別のお祭りの役員で出てしまっているとのこと。しかし、楽器積み込みの方も難航していて放っておくわけにもいかないし、先発隊の到着を受けて、先方の役員さんからも
「まだ到着しませんか」
という催促の電話がかかってくる。悪夢だ。
 後ろ髪をひかれつつ自動車を出発させ、会場に到着し、先発隊と楽器の降ろしや仕分けをして、なんやかんやで20分遅れで後発隊が到着するが、もうその時点で楽器を準備しなければならない時間だが、生徒たちは腹ペコである。で、10分で無理やりお弁当を口の中に詰め込ませ、演奏の準備をさせるが、なんだかのんびりしてるんだよな。しかも、演奏会場に行ってみると、会場は満員のお年寄りがお待ちだが、舞台袖にあたる控室ではいまだに打楽器の組み立てが終わっていないという、あきれた状況。ほかの管楽器の連中もボーっと突っ立っている。(これ、悪夢といわずしてなんていうの?)こいつら、なんなんだ。もはや不気味ささえ感じてしまう。だがすでに本番開始時間はとっくに過ぎていて、どうにかしないと大変だ。ほとんど怒鳴り声でそこらじゅうを飛び回って指示を出し、やっと気の利いたやつが動き始めるが、結局、この人たち、これまでやったことのないことに対して、完成形のイメージがなく、どうしようというアイディアもなく、ただただ棒立ち。こんな馬鹿な奴らに付き合いきれるか!てな感じであるが、実際段取りについてちゃんとイメージして生徒に周知させておくのはこっちの仕事。ある意味この人たちに罪はない。前年度の部活顧問は何の躾もしてくれてなくて、集団としての統制とかシステムとかそもそもの行動原理とかについて全く教育されていないのだ。楽器を吹くだけの、ただのお人形?こんなの吹奏楽部じゃない!まさに烏合の衆を前にして、こっちはもう泣きそうだ。
 おまけに、
「会そのもののケツが決まっているから、これこれの時間までに演奏を終わらせろ」
という主催者からの要望があったにもかかわらず、すでにそこまであと15分しかない。30分の予定でステージを用意してきたというのに。悪夢だ。
 その後、15分延長OKというカンペが回ってきたりしながら這う這うの体でステージを終わらせ、楽器を片付けて積み込むと、今度はスムーズに積み込みが進んで、予定通り帰ってきた。
 けがをした生徒も、病院に行って、骨に異状なく、傷も浅くて縫うほどでなく、よかったと言えばよかったけど、全然よくないわ!

 今日の演奏は、ホルンは主力の2年生が欠けてヘナチョコな音しか出ないし、時間なくてチューニングもできず音あってないし、フルートはピッチ狂ったまんま最後まで偉そうに吹き切っちゃうし、マーチのテンポはこれ以上はないというほどダッサイし、本当に、これほどひどい演奏は新任のころ(平成初期)以来かもしれない。そんな中でも、お年寄りの皆さんは喜んでくれたし、先日引退した3年生も来てくれていて最後の打楽器の撤収とか手伝ってくれたし。本当に多くの人に支えられてやっとのことで続けているんだよ、この活動。それなのに何やってんだ、と思うともうほんとにやってられないっての。

 本日の演奏曲
  ①ワシントンポスト
  ②パプリカ
  ③ルパン三世(ロックバージョン)
  ④ムーンライトセレナーデ
  ⑤中村八大ヒット曲メドレー
  (⑥アンコール「アメリカ野砲隊」は時間の都合で中止、というか、それを口実にスタミナ切れでボロボロの演奏になるのがバレないですんだので、助かった)