最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不思議ないい子」の発生条件

 授業というのはいつでもうまくいくわけではない。教師だって人だから、体調悪かったり、家庭に難題を抱えていたり、職員室でいじめられていたり、様々な理由で授業に全力を傾注できないことがある。場合によっては、全然うまくいかないことがずっと続くことだってある。まあ、そういうのは、たいてい生徒が悪いのである。(もちろん、その生徒~ここではクラス、学年などそれぞれの生徒集団のことだが~を形作るのは保護者や地域、もちろん学校・教師も含めた「環境」ではあるのだが。)

 様々な要因によって、ヒサンなクラス、ヒサンな学年、ヒサンな学校というのは存在する。MPがいっぱいいる地域だったり、ヤンキーとか危ないお仕事の人が多く住む地域だったり、貧困とか欠損家庭ばっかりだったり、どうしようもない小学校の先生がメチャメチャしでかして生徒集団が崩壊してたり、条件はそれぞれだが、授業がうまくいかないことに変わりはない。特に、俺みたいな(ヒサンな)音楽の教師はシンドイのではないか。何しろ、生徒が参加してくれなければ、授業が成り立たないからね。歌うにしても音楽鑑賞するにしても、罪悪感のかけらもなくのべつ私語がやまなかったり、忘れものだらけだったり、出歩いたり、ケンカしたり、教室から出て行っちゃったり、発達障害の子が騒いだり暴れたりで、50分間の授業を(早く時間が過ぎろ!)と念じながら歯を食いしばって耐えるわけだよ。

 だが、実際耐えているのは先生ばかりではない。生徒だって耐えているのだ、特に、まともだけどおとなしくて発言力の弱いやつらが。それがわかるだけに、授業がうまくいかなかったときの「罪悪感」というのは格別なのです。わかってもらえる?

 これまで様々なそういう学校・学年・クラスに出会ってきたが、そういう生徒集団に特有の不思議な現象が現れることがある。それもけっこう頻繁に。それは、必死で怒鳴り、文句を言いまくり、それでもやるべきカリキュラムは全然こなせず、ヘトヘトになって50分過ぎてチャイムが鳴り、俺がピアノの椅子にへたり込んで敗北感に浸りながらため息をついている時にふと気づく。
 授業が終わり、みんな自分の教室に帰っちゃって、がらんとした音楽室になぜか一人だけ(まれに二人。一人のことが圧倒的に多い。男女は問わず)残って、乱雑にひっくり返った椅子を一つ一つ丁寧に並べなおしている生徒がいるのだ。別に係というわけでもなく、飛び切りできる奴というわけでもなく、学級委員というわけでもなく、部活の生徒でもない。週一回の授業が終わると授業の時には何でもないそいつ、じゃなくてその子(何組だったら誰、というのが固定されている)が黙ってガタッ。ガタタッ。と椅子を片付けている。俺は我に返って、5分後には次の授業があってその作業がまたメチャメチャになっちゃう、というむなしさに気づき、すごく申し訳ない気分に襲われて、それでも
「ああ、ありがとう…」
ぐらいしか言えず、それに対してその子は、たいていチラッとこっちを見るだけで、
「…。」
または、せいぜい
「はぁ…。」
と答えて、あとは黙々と作業を続けるのだ。とにかく自発的に、ただただ椅子を片付ける。なぜそんなことするんだろう。どういうつもりでやってるんだろう、この子?実は俺にはわからないのである。聞いても返事しないし。
 こういう生徒が、なぜか、いわゆる「荒れた学級」に現れるのだ。そこそこであっても普通のクラスではなかなか現れない。ともかくもどうにもならないクラスに、2学期の真ん中ぐらいから発生する。ほかの生徒が誰も見ていないところで作業する、というのも彼(彼女)がこだわっているような気がするが…。で、俺が申し訳なさで心がいっぱいになるころには作業が終わり、その子は
「ありがとうございました。」
なんて言って音楽室を出ていく。ありがたいのはこっちの方である。彼(彼女)は俺に怒ってるんだろうか。もっとしっかりせい!と励ましているんだろうか。音楽、好きなのに…と不満を言いたいのか。それとも
「うちのクラスが先生に迷惑かけてごめんなさい」
とクラスを代表して謝っている、と都合よく解釈しちゃっていいのか。さっぱりわからない。妙にこそばゆい感じで落ち着かなくなるが、そのささやかだが力強い励まし?に支えられて、また明日から頑張るぞ!的なエネルギーもわいてくるのは確かなのである。
スポンサーサイト

テーマ:中学校 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。