最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

トイレの神様

 縁あって、別の中学校の合唱祭を見学しにいった。地の利の問題もあって市民会館大ホール、みたいなのではなく、当該校の体育館での行事である。(大概の学校はそうでしょうが。)

 で、途中で催してきたので、その体育館のトイレに用を足しにいった。汚かった。こんな汚いトイレは久しぶりである。ため息をつきつつ座席に戻った。知り合いの音楽教師は一生懸命やっていて、その成果も(たとえば実行委員の挨拶や指揮者のお辞儀などがどの生徒もとても立派だったりとか)そこここに散見されるのだが、よくよく観察してみると、校長先生のお話やいろんな部署の先生方の動きは何だかな~~、と思ってしまうところが多い。保護者を見ても、小さい弟妹を連れている親の、子供をしつける姿勢のなんとグズグズなことか、どいつもこいつも全く!

 聞くところによると以前からその中学校は学力面でも生活面でも何でも大変で、「ホニャララ市のお荷物」と言われているとか。
 そういう困った状況についての関心を一気に高めるきっかけになってしまうのが、やっぱりトイレの惨状なんだよな~。以前、ある生徒指導研究発表校に「管外視察」で行った時に、一緒に行った同僚の先生が
「crabfaceさん、トイレ、見に行こうぜ。あと下駄箱ね。」
と示唆してくれて見に行ったところ、アッチャ~~という状態であきれた、ということがあった。やっぱりなんだか変な雰囲気を醸し出している中学校ではあったが。
そのおかげで俺は、そのとき以来トイレはよその学校では注目してみることにしている。

 もちろん、ウチの学校でもそれほどほめられたトイレといえるわけではないのだが、それでもトイレ掃除にこだわりを持つ先生がいるおかげで(俺が手を下しているわけじゃないところが不謹慎)、そこそこ臭わずに清潔であり、気持ちよく生活できている。生徒もそこのところは良い環境を享受しているといえるであろう。ありがたいことである。
 やっぱりトイレは、そこで生活する人を映す鏡といえるであろう。
スポンサーサイト

テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

お前らが言うなよ(トホホ…)


 今日は一時間目からうちのクラス(1年生)の音楽の授業がある。朝会が終わってあわただしく4F音楽室に上がっていくと、すでに生徒は着席して待っている。よっしゃ、こっちも気合を入れて授業やるべぃと思って教室に入っていくが、いつもながらにわがクラスというのはどことなくだらしないのだ。その、何となくゆるんだ雰囲気に、
「あのなあ、もうすぐ校内音楽会なんだし、もうちょっとビシッとできないのかよ。1組なんか、すっごく気合が入ってピッとしてるじゃないか。」
と、ピアノの周辺に集まってきた男子の連中に発破をかけに入るが、生徒のほうはのんびりしたもので、
「先生、1組は担任の先生だけが怒ってやらせてるんですよ。そういうのはダメなんです。生徒が自分から進んでやらなければ。最後に勝つのは俺たちですよ。」
と口々に言うのだ。

 そういうことを生徒が言うなよな…という感じで、ちょっと笑ってしまいたくなるが(お題目だけはよく知ってるんだよな)、確かに示唆に富んだ話ではある。
 大体からして現代の子供たちがどんどん幼稚化している、というのは、各方面から指摘されているところである。こういう指示を出せば生徒はこうするであろうという予測がはずれて、生徒が何もやってない、あるいは頓珍漢な事をして満足している、なんてのはいつでも起きている。いきおい我々も先回りして、
「あれはこうしなさいよ。これはこうするんだよ。」
というのを、これまでは考えられないほどていねいに指示したりやり方を教えたりするのが普通になっているのだ(というより、もはや何も考えずにそう動く。マニュアル化してるしね)。
当然、学級経営でも細かく指示を出し、檄を飛ばし、できてない奴に小言を言ったり、気のきいた行動をほめたりと、どんどん介入していき、しまいには小学校の担任の如くの「学級王国」?状態になってしまう担任もいるような。(小学校とはもちろん形は違うけどね。)いいことなのか悪いことなのか、少なくともおれは気に入らないけどね。

というわけで、うちのクラスの連中、わかってるじゃん、よくぞ言ってくれた、と腹の中では思うが、実際に自分たちができるかどうかは全くの別問題である。むしろ、笑わせんなよ、というレベルじゃないのかい?
校内音楽会まであと3日、これからどんな経過と結果が待っているのか、楽しみにして見守っていこうではないか。

テーマ:今、教室で - ジャンル:学校・教育

クラブチームって何するところ?

 中学校の職員室で、昔からぼやかれている言葉がある。
「クラブチーム(スポーツ少年団)に所属する生徒は性格が悪い」
これは本当なのか。

 現在、教育に対する価値観も多様化し、かつてのように部活動に必ず参加する、という風潮は薄れている。芸能活動で走り回ってるとか、家が貧しすぎて親が多忙とか、超絶に人並み外れてグータラとか、そういうよほどのことがない限り、生徒は中学校の部活動に参加することになっていた(なっている)。だが、ここに来て増えてきたのは、硬式野球やサッカーのクラブチームに所属していて、部活動に参加しない、という生徒である。クラブチームも、小学校中学年ぐらいからみんな(将来のプロスポーツ選手を夢見て)参加し始めるが、だいたい才能の限界を悟って淘汰され、中学生になっても続ける生徒は運動能力が高い者が多いのは確かだ。通信陸上大会なんかに参加して記録を出したり上位入賞する場合もある。うちのクラスにも3人いる。

 さて上述の言葉であるが、まあ必ずとは言わないが、ほぼ本当である。かなりの確率で、クラブチームに所属する生徒は、自分は特別だという意識を持っており、クラスへの帰属意識が弱く、自己中心的で、非協力的、マイナス発言が多く、委員会活動などには極力参加せず、クラスの係活動もおろそかにすることが多く、学校行事などの参加もいやがって放課後のクラスの活動は参加せずに帰ってしまい、生徒指導上で呼び出しをかけても極端に帰りたがり、物品の管理がだらしなく、弱い者いじめを起こしやすい。
 これは、色眼鏡で見ているわけでも何でもなく、事実そうなんだから仕方がない。

 以下からは想像の域を出ない内容だが、つまりこういうことかな。
①スポ小は親がかりの面が多いから、活動に際して何かと親が面倒をみたりしゃしゃり出てしまうため、自分の思い通りになりやすい、というより自分の思い通りになるものだと、疑うことなく思っている。したがって、自覚なしに自己中心的になるし、物品の管理も(自分ではなく親がやっちゃうから)だらしなくなる。思い通りにならなければ口に出して文句を言えばどうにかなるから、歯に衣を着せずに思ったことをいってしまい、それが「クラス」という場においてはマイナス発言ということになる。
②運動神経の鈍いやつは淘汰されて、自分は選ばれし者」なのだから、当然「俺は他とは違うのよ」という意識が芽生える。そこから、クラスの奴らのやってることなんかくだらないと天から思っていて、ばかばかしくて一緒になんかやってられない。
③自分のアイデンティティーはクラブチーム(にしかない)んだから、自分の居場所の第一優先はクラブチームなんだから、学校なんか本当は行ってる場合じゃない。放課後は何をさておきそっちに参加するのが自分の生きる道なのだ。
④クラブチームの価値観の中心は「勝ったか負けたか」。チームの中でも鈍くさいやつは邪魔者だ。そういうヤツには容赦なく非難の言葉を浴びせかけることが習い性になっている。従って、クラスにそういうヤツがいれば反射的に心ない言葉で攻撃を仕掛けるようになる。弱い者いじめなんてしてない。弱者はそうされるのが当たり前なんだから!

 内実も知らないで偏見で言いたいこと言いやがって!と思う向きもあるであろう。実際そうだからね。中には「上達への近道は礼儀・素直さ」等々、しっかり指導しているクラブもあるのであろう。でも、繰り返しになるが、現実のクラブチーム所属生徒に困ったのがとても多い、というのは嘘ではなく本当のことなのだ。目の前の事象で判断するしかないではないか?

テーマ:習い事 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad