最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感~平和教育について

 数日前、久しぶりに大きな本屋さんに行って時間をつぶした。お盆の時期の本屋さんといえば、やはり平積みになるのは戦争関連の本であろう。しかし、これほどまでに大量の!とびっくりするぐらい、戦争の本ばっかりなのである。やはり最近の安倍内閣の、いわゆる「安全保障」にかかわる政策が影響しているのであろう。
 これらの本は、俺的にはおおむね3種類に分類できるように思えた。まずは従来の「憲法第9条を守れ、戦争法案絶対反対」、次に「現実の世界情勢が見えないのか、国防はどうすんだ」という安保法案賛成派の書籍、もう一つ個人的に目だったのは、80歳とか90歳の先の大戦経験者が語る「本当の戦争について」の本。
まあ俺がどの立場に組みするか、は明確にするべきではないと思うが、生徒に語らねばならない場面だって全然ないわけではない、というのも困ったことではある。とにかく中立に考えないといけないか。

 もともと俺らが受けた教育では、憲法第9条こそが金科玉条、我が日本は戦争を絶対に起こさない素晴らしい国、というものだった。何しろ俺なんか中学のときにゼロ戦だの戦車だの、そういう兵器のプラモデルを作った、というだけで「好戦的なヤツ」という目で見られて軽蔑されたぐらいだからね(俺にいわせれば、ボクシングとか勝負事に熱中するヤツらの方がよっぽど好戦的)。まあ、一般的には我が国の国民はそうだったのかな。俺の感覚では中学の教員になってからも、組合の先生方、とりわけ社会の先生なんかは平成一桁頃まではそういうスタンスで教壇に立っていたと思う。ところが「自虐史観」という言葉が聞かれるようになってから、ちょっと風向きが変わってきて、従来の立場とせめぎ合っているようである。それが今年になって「安保法案」を巡ってヒートアップしているように、俺には見えた。

物事にはいろいろな見方がある、とつくづく感じる。時代によっても変わってくる。俺の乏しい知識の中からいくつか例を挙げただけでも、

 真珠湾攻撃→世界最強の空母機動部隊による英雄的壮挙
        →卑怯な不意打ち攻撃

 ゼロ戦→世界最高の速度・航続距離・武装を誇る戦闘機
     →防弾装備を無視した非人間的欠陥兵器

 神風特攻隊→日本の将来のために進んで自らを犠牲にした崇高な攻撃
        →犬死を強制された可哀想な若者による愚かな自殺行為

 豊臣秀吉→誰もが見習いたい立志伝中の人物・偉人
       →朝鮮侵略という暴挙を実行した狂った為政者

 江戸時代→世界的に見れば長期安定政権で平和で豊かなリサイクル社会
       →武士が農民を搾取し自由も人権もなかった暗黒の時代

 田沼意次→貨幣経済に着目して社会の変化に対応しようとした辣腕経済官僚
       →賄賂が横行する乱れた世の中を作り出した悪人

 物事をどうとらえ、どう伝えるかによって、眼前の生徒はそれなりの影響を受ける。特に、戦争と平和について、教師が語る言葉は重要だ。ともすれば威勢のいい男子生徒は銃で人を撃ち殺したり戦車でいろいろ破壊しまくる光景にあこがれちゃったりするし、女子は耳をふさぐばっかりの方向に行きかねない。西の方の大きな国の変化などがあって、かつてのような一方的な平和教育も、時代に合わなくなってきているかもしれないし、だからといって
「守りを固めよ、戦争に備えよ! 負ければ、男は殺され女はレイプされる!」
なんてとんでもないことを口走るなんて言語道断の暴挙だ…

 いったいこれからの日本、どうなっちゃうんだろうか、教育の方向はどこへ向かうんだろうか、なんてことをちょっと考えさせられた立ち読み時間つぶしでありました。
スポンサーサイト

テーマ:戦争についての教育 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。