FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

どこで狂った?このMP

 この頃倅が小学校の臨採を始めて、今2年生の担任をやっているが、モンスターペアレントに再三遭遇するようになって、その実態にあきれ果てている。どこでどう狂えば、こういう基地外が発生するのであろうか。こういうヤツらを生み出す「現代日本」ってどういう社会なのだろうか。

 中でも、ついきのうのホットな話題を一つ。
低学年のプール指導の時間のことである。一人の女子児童(ウルトラわがままちゃん)がプールカードを忘れてきた。「プールカード」とは、一部の親からは「形式化している」と認識されている傾向もあるにはあるが、当日の体温とか親のはんことか、要するにプールに入っても大丈夫な健康状態ですよ、と保護者が認める、重要書類である。
 当然、彼女はプールには入れず、プールサイドで見学させられた。(当たり前だ。学校側に全く落ち度はない。)ところが、それに対して激烈な苦情の電話をしてくるわけですよ、母親が。曰く、
「プールカードを忘れたぐらいでプールに入れないとは何事だ!プールサイドで見学する子供の気持ちを考えたことがあるのか!」

 学校だって何もしないでいるわけではない。プールカード忘れればプールには入れませんよ、と刷り物にしても出し、保護者会でも説明し、子供にも再三言い、それでも忘れたときには家庭に連絡して児童の健康状態を確認して保護者の了解を取った上でプールに入れる等々、至れり尽くせりの対応をしているのですよ。それだけの対応をしているにもかかわらず、まあそれでも彼女のお子さんは入りそびれたわけだな。で後からクレームをつけてくるわけだ。

 こんなクレームはもはや暴力と言っていい。電話にしても何にしても、応対をしなければならない人もいるわけだし、何人もの先生が
「どうしましょう?」
と困惑の渦に巻き込まれる。だいたいからして、学校には「クレーム処理」の部門があるわけではないから、応対する人、すなわち先生は、限られた時間の中で日々どうにかこなしている本来の仕事が出来なくなるのだ。つまり一撃で仕事に穴があき、教育の質の低下に直接つながる。
「お子さんの生命を守るためです。安全第一です。万一、発熱していて、それを子供がプールに入りたい一心で隠して無理にプールに入っちゃったとして、その子が死んじゃったらどうするんですか。その子が中耳炎だったらどうするんですか?お子さんの気持ちも大事かも知れないけど、命の方がもっと大事なんじゃないですか?さらに言うなら、決まりを守らなければこういうことになる、というのを味わってもらうのも大事な教育なんですけど?」
みたいな、
誰でもわかっている常識が通用しない相手に、一体どうやって話せばいいのか。
しまいに
「教育委員会に報告するから」
みたいな感じになって、ぜひそうしてくださいませ的な対応で「今日のところは」終わったというが、全く暗澹たる気分にさせてくれるじゃないか。だいたいこういうヤツらはほとんどみんな、異常にしつこく執念深いのだ。(まわりのおかあさん方から相手にされていなくて、さみしいのかも知れない、という感触を持つことも多い。)

 そういえば、先の東日本大震災の時にも、
「ウチの子が心配だから、学校に何度も電話したのに、学校は電話に出ないんですよ!一体どうなっているのかしら。本当に学校というところはけしからん!しかたがないから宅の子の様子を確認しに学校までわざわざ行ったんですよ!!」
と言って怒り狂っていた母親がいた(これは家内から聞いた話)。あのシチュエーションで電話がつながると思っている時点で、救いようのないバカであることは自明なのだが、その怒りの矛先が「学校」に向かう、という理不尽さが不気味である。

 学校で何か気に入らないことがあると、何が何でも学校が悪いに決まっている、というスイッチが入ってしまう人間がこれほど普遍的に存在するようになったのは、どこかで教育が間違っていたのか、マスコミなどから入ってくる情報に偏りがあるのか、よくはわからんが、学校だって人がやってることなんだから、限界がある、というところをもうちょっと理解してもらってもいいんじゃないかな~、とか、モンペに対する防波堤は真面目に構築しなければいけない時代なのかもな~、とか考えさせられることが多くなってきた。
スポンサーサイト



テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育