最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

またしてもクズ教師の置き土産

今年1年生の担任としてあてがわれた教室の床、特に黒板の下とか配膳台が普段置いてあるあたりが、なんだかキタナイ。しかも何となくベトベトする感じで、歩くと気持ち悪い。当初、あんまり気にしてなかったのだが、以前から気になっていたことがあった。
その1
 かなり前に同僚だったある先生が、やっぱりあてがわれた教室の床が汚くて、
「ぜってーゆるせねー!」
と日頃からわめいており、
「俺のクラスにはワックスなんか塗らないで、毎日水拭きだ!こんな汚い部屋、我慢できるか!ピカピカの部屋にしてやる、見てやがれ」
で、掃除の時間にはクラスの生徒と一緒にひたすら水拭きをしていたこと。

その2
 「プロ教師の会」の本(別冊宝島)の中に、
担任の教師の中には、
「生徒の自覚を待つ」
というのを金科玉条とし、何もかも全くの放任、というクラス運営をする者がある。まわりから何を言われても、掃除はやりゃーしない給食は早い者勝ちの取り放題、食い物を乱暴に奪い合って、メシでも汁でも床にこぼれたのを踏みつぶし、あげくクラスが廃墟のようになってしまっても、
「生徒の自覚を待つ。」

というような記述があったこと。こんなクラスはもちろん生徒同士の人間関係はメチャメチャでイジメもグループ間抗争も激しく、弱肉強食の殺伐とした空間である。この話は昭和60年代のことのようだが、現在こんなことをしたら、よくてもクラスの7~8人は不登校になるであろう。

で、あるとき、やっぱり床が気になって他のクラスと比べてみると、何とうちのクラスだけ異常に汚いんじゃないか!
そう思って、放課後に濡れ雑巾で床の一部を磨いてみたら、この通り
DSC_0196s.jpg
右側が拭いたところ、左側がこれまでの現状である。黒い汚れは言わずもがなだが、もちろん御飯のなれの果てである。ホコリとワックスと御飯が混じって真っ黒になってワックスで塗り込められているのだ。

 つまり、上述の「自覚を待つ担任」の一人が、あるときこのクラスに君臨していたのであろう。そして、生徒はついに自覚することなく、進級していったというわけだ。そして、キタナイ床はそのままに残され、きちんと掃除されることもなく、何年も経ってしまった…。そういう欠陥人格の担任が床掃除なんかするわけなく、その後の生徒数減少で教員も減ったから教室掃除の監督もかつてのように担任ができるわけでもなくなり、これらの汚れは何年も放置されてきたのであろう。
 頭に来たぞ!これ、キレイにしてやる!と思って、ここ何日か、放課後一人で床を磨いています。生徒は使えません。教室の掃除の監督は俺じゃないし、クラスの連中はみんな先を争って部活に飛び出しちゃうからね。ま、単なる自己満足かも知れない。

 それにしても、かつていたこの手のメチャメチャ教師はずいぶん減ったと思う。30年前の生徒から見ると、今の中学校は、パラダイスだと思うよ、それなりの突っ込みどころは満載だけれども。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

くそ~高校の先生め~!!

 今朝、一人の卒業生(男子)がウチの学校に来て、2階の3年の教室あたりまで土足で上がり込んできたという。あり得ない傍若無人だ。かなりの学校で警察に通報するパターンである、うちは優しいからしないけどなっ
で、そいつの言うには、何日か前の校外学習の時になんだかやらかして、今自宅謹慎中なんだそうな。それで、つきあっているウチの3年の女子を送って学校まで来ちゃったらしい。だが、
「高校の先生に、中学校からやり直してこい、っていわれたから来たんだ!」
なんてうそぶいていったとのことだ。それを言うなら小学校か幼稚園だろうが!全くもう、高校の先生め~!こういうやつをこっちに寄越さないでくれよな~。

テーマ:学校での出来事 - ジャンル:学校・教育

生徒の声が聞こえない学校

 こんなところにこういうものをアップすることには不快感を持つ人も多かろう。そういう俺も、いいのか悪いのか決めかねる自分というものがあるのだが。ま、一応ね。

 今年に入ってから、学年末休業やGWを利用して、今回の地震や津波の被災地を回っている。あんまりいい趣味じゃないのだが、何か呼ばれているような思いもあるのだ。で、その中で、モロに津波を食らってうち捨てられた(というわけではないが)学校をいくつも見かけたので、紹介したい。俺にとってはとにかくショッキングなもの、というか場所、というか、出来事というか、何とも言葉にできない風景である。そう、「風景」だな。こんな「風景」の存在が許されるのか?!
(それぞれの学校についてはそれなりのHPとかいろいろを参照されたい。)

 まずは福島県いわき市内の中学校。
DSC_0180s.jpg

 本来ならば野球部の生徒が技を磨いているはずのグラウンドは瓦礫の集積場となってしまった。
DSC_0179s.jpg

 1階の窓はすべてコンパネでおおわれている。
DSC_0178s.jpg
(こういう「風景」を見ると、瓦礫処理受け入れに反対している人間というものにスゲー腹立ちを感じるのだが、その感情って同感してもらえるものなのか。せっかく自治体の長が受け入れようとしても、有権者が反対しちゃえば二の足を踏むよね。でも、こういう瓦礫置き場がそこら中にあって、放置されているという状況、わかってるのかね~。総論賛成、各論反対じゃしょうがないのよ。)

宮城県内の小学校。
DSC_0155s.jpg

波にのまれてぺしゃんこになった自動車の置き場と化している。
DSC_0154s.jpg

本当なら子供たちの声であふれているはずなのに。
DSC_0153s.jpg

 約一月後に再訪した同じ小学校。校舎の裏側。
DSC00589s.jpg

少し近づいてみる。多少は修理の手が入っている。
DSC00590s.jpg
しかし、写真の手前に写っているのは土台だけになった建物である。こういう「土台だけ」が見渡す限り続いている。つまり、住む家を失った人々(子供)はどこかちがう所に行ってしまったのだろう。

そして、校庭は相変わらずスクラップ置き場のままである。(少し減ったけど)
DSC00591s.jpg

同じく、宮城県内の小学校。この小学校は、海岸沿いの松林に囲まれた素晴らしいロケーションの学校である(あった)。校舎も、洒落た感じのとても美しい建物で、こんな素晴らしい環境で学習できる小学生は日本中探してもそんなにはないんじゃなかろうか、と、容易に想像できる学校である(あった)。
DSC00582s.jpg
ここは瓦礫置き場にはなってはいないが、復旧工事は一月前に比べてほとんど進んでいない。というか、何のために復旧するのか。子供がいないのに。
DSC_0192s.jpg

宮城県亘理町内の小学校。
DSC_0191s.jpg

 同じく、亘理町内の中学校。
DSC_0189s.jpg
鉄筋コンクリートの校舎は残ったが、その他のものは一切流されてしまった。片付けた後は全くのボウズ状態である。生徒たちの住み家も含めて、一切合切。
DSC_0188s.jpg

 あれから1年以上経っていて、この有様。瓦礫は渦高く積まれ、生活の基盤は根こそぎ消え失せた土地の「学校」に機能が戻るのはいつのことなのか。というか、子供が戻ってくる時が来るのだろうか、と思えてくる。
 とにかく、学校があって生徒がいないというこの状況、本当に切ない。悲しい。というか、ふさわしい言葉が見つからない。

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

TIPS(くだらないよ)

その1
 3月、あっちこっちの掲示物が剥がされ、殺風景になった職場。さっそくラジオペンチ(なるべく先の細いやつ)を持って校舎内の探検に出発しましょう。そして、廊下の掲示スペースをひたすらなでていきます。すると、
「いてっ!」
と思う瞬間があるでしょう?そうしたら、目標発見です。まず、持っているラジオペンチでそこんところをほじくり返します。すると、先のとがった金属の棒がにゅるっと現れる。!そう、これは頭のとれた画鋲でございます。壁面のあっちこっちに潜んで生徒や職員の大切なお肌や服をを傷つけよう、と待ち構えているのです。心ある先生なら、そんな危険物を放って置いてはいけません。学校中の壁面からすべて引っこ抜いて撲滅しようじゃありませんか。

その2
 新入生とともに職員室に入ってくるものといえば、いわずと知れた「指導要録抄本」に「健康診断票」「歯の診断票」とかですね。そして、もちろん氏名のゴム印も。ところが、小学校から上がってきたゴム印って、なんだか傷んでると思いません?細かいところがつぶれちゃったりして、名簿を作ったりするのにせっかく捺しても見られたものじゃない。
「ホニャララ君のゴム印のホニャの字はだめだにゃ~」
とか密かに思ってたりするのですが、実はあれ、けっこう傷んでないんですよ。よく見ると、6年分の古いゴミとかがインクと混じってこびりついているのです。それを古い歯ブラシかたわしかなんかでこそげ取りましょう。(あんまり乱暴にやるとインクが飛び散って服が被害を被るし、ヘタすると本当に印面が壊れてしまいます。)すると、ありゃま~!まるで新品のようなクリアな印面がよみがえるではありませんか。

以上、やってるところを目撃されない限り、絶対に感謝されないTIPSでした!ヒマなとき(なんてないだろうけど)こっそりやってみて。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad