最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それにしてもCOSMOS

 この合唱曲は、中学生は大好きなのである。なにしろ言葉が心地よい。「夏の草原に銀河は高く~」とはじまって、「百億年の歴史が今も体に流れてる」「ぼくらは一つ」「君も星だよ」と、耳触りの良い言葉が連なっている。よくできた歌詞といえる。
ところが、旋律が最悪なのだ。とにかく最高音にiの発音が集中する。ソプラノの女子はこの声をひねり出すためにかなり無理をする。そのため、せっかく小学校の(出鱈目な)歌唱指導から脱却させて中学生的な美しい頭声発声を身につけ(かけ)させても、定着していなければそれがぶち壊れてしまう。下手をすれば何人もの女子が元の木阿弥以下のレベルにまで落ち込んじゃって卒業するまでそのまま這い上がってこられなくなる。
男も大変。ソプラノの1オクターブ下の、要するにかなり高い声を要求されるので、変声の進んだ男子にとってはけっこう高音域となり、その声を出すために喉を上げ、薄っぺらな叫び声を上げる。しかも、かなりの割合で音程は下がってしまい、聞くに堪えないハーモニーが出来上がってしまう。あるいは、あきらめてオクターブ下の「重低音部隊」に参加(というか落ちるというか)してしまう。とにかくろくなことにはならない。そのうえ、最後の部分で転調してさらに半音上がってしまうのだ、最高音が。まさに『のどにイタイ曲』。この曲の演奏を作り上げるのは、中学生の「この曲が好き」という気持ちがもたらすエネルギーだけなのである。
それなのに、そんな肝心なことが全然わかってないクズ音楽教師のいかに多いことか。2年前に市教研(市町村教育研究会のこと:公立小中学校の教員で構成される)の音楽部会でそのことを話題にして、市内小中音楽会での全員合唱の曲はCOSMOSをやめましょう、と提案したところが、その場にいた全員(つまり市内中学校のほぼすべての音楽教師)から何を言っているのかさっぱりわからない、という反応を食らって面喰ってしまった。自分とこの生徒にあんな汚い声を出させて何も感じないのかね?
詩がよくても、音楽の雰囲気が良くても、「教材としては劣悪」ということだってあるんだよ!そのくらい解れよ!
それにしても、授業や合唱祭で生徒にやらせる合唱曲のチョイスって面倒なものである。
スポンサーサイト

テーマ:合唱 - ジャンル:音楽

アンサンブルコンテスト本番直前なのに!

ここに来て楽器が悲鳴を上げている。
11月に入ってからこのかた、まずアルトサックスがどうにも調子が悪くなってキーが変な動きをする。
さらに、テナーサックスがここ一週間ほど鳴りが悪い、と思っていたら演奏する生徒が雨で滑ってひっくり返ったとき以来少しずつ調子が悪くなっているという。で、それらを楽器屋さんへ持って行ったのだが、何日もしないうちに今度はバリトンサックスが!おまけにマリンバのマレットの毛糸玉がちぎれてしまって買い換えなければならなくなる。さらに昨日はクラリネットが調子が悪いと言い出して、楽器屋さんに持って行ったら、
「これはタンポ(穴をふさぐキーについている柔らかい丸いヤツ)全取っ替えですね~。でも本番直前にやるのはやばいから、必要最低限にした方がいいですね~。」
とあまり意味のわからないことを言われて入場してしまう。いったい何回楽器屋さんへ行ったらいいのか。その上、今日になってオーボエの奴がキーの調子が何カ所も悪い、といいだした。それは明日当人が楽器屋さんへ持って行くことにした。つらつら思い出してみれば、先月後半にも、タンバリン(吹奏楽で使うタンバリンってけっこう高いんだよ)の幕が破れていてそれが広がってきたので買い直したばかりだ。
まさに大ピンチ、練習どころではない。だいたい、練習に根を詰めて、佳境に入ってくると、そうやって楽器がいかれ始める。しかし、こうも次から次へと調整だの修理だのしなければならなくなることって、そうそうなかったぞ、今までは。

 いずれにせよ、コンテストの本番は着実に1日1日近づいてきているのだ

テーマ:部活 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。