FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

女子中学生っていったい…?

 よその中学生がウチの学校に遊びに来る、というのは、教師にとっては嬉しいことではない。たいていの場合、単に遊びに来る、ということではなく、つまりウチの生徒がよその生徒とトラブルをおこしているか、よからぬことをつるんでやろう、という遊び仲間であったりする。だから、こういう「招かれざる客」には、できるだけ居合わせた教師全員で威圧的に取り囲み、なるべく相手が不快感を感じるような対応をして(とっとと帰れ!)お引き取り願う。

 さて、昨日来たとなりの中学校の女子生徒4名。
「誰に会いに来たの?」
というウチの教員の問いかけに
「Nさん」
と答える。
「でもまだ部活中だから、待っててもしょうがないし、帰りなさい
と、定石通り追っ払う。(さらに、乗ってきた自転車のステッカーでどこの学校の何番か、とチェックする→あとでその学校に連絡するのだ。)ところが、角を曲がったところで待ち伏せをしている。まあ、そうおいそれとは帰るタマじゃないとは思ったけどね。それを教頭先生(かなり強面)が
「シカトしてんじゃねぇぞコラ
と、さらに追っ払う。その後、Nさんが部活を終えて出てきたので、事情を聞いてみると、、、、

まずその中心となっている生徒の名前や学年が判明し、目的もわかってきた。実は本当に用事があるのはNさんと仲のよいKさんなのだそうな。それも、何かのつながりで知り合った、相手の学校の男子生徒を巡ってのことらしい(やっぱり男がらみかい)。その男子生徒というのがかなりのイケメンで多くの女子生徒の心をとらえており、何人もの女子が順番待ちで彼女になろうとしているらしいのだ。それというのも、中学校のカップルなんてものはくっついてもすぐに別れてしまうので、そういうことが成立するんだそうな。ところが、なんかの拍子にKさんがその列に横はいりしてしまい、怒った次の順番のはずだった女子が、
「Kさんってどういう子?」
と知り合いのNさんに聞きに来た、ということなんだそうな。で、そのいきさつの中で、誰かがKさんのメルアドを相手の女子に教えちゃったりとか、家がどこだか知られちゃったりとか、いろいろとトラブルの予感のする問題が持ち上がっている、という。
 話を聞いてみると、なんだか笑っちゃうのだが、もちろん本人たちは真剣なのであろう。女子中学生の考えることって…、ねえ。

 しかも、最後にバイクでパトロールしていた教頭が、Kさんの家(団地)まで行ってみると、彼女たちがそこの当該の号棟の入口の前で張っていたので、Kさんに知らせて親戚の家に避難させた。ちょっとしつこいかもです。これで終わりになればいいのだが。
スポンサーサイト



テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育