FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

反省しない子

 冬季オリンピックである。スポーツの話題には疎いしあまり興味がないのだが、最近選手団の制服を着崩して話題になった若い選手がいて、たまたまその帰国記者会見の模様を見て、俺は年寄りの一人としてタメイキをついた。その選手はスノーボードの選手らしいが、ネクタイをゆるめてシャツ出しをして腰パンなんだから言うことなし、昨今の不良未満中学生の着こなしそのものである。だらしなさを「自分らしさ」とカンチガイしている可哀想な奴ら。その思春期のまんまの吹けば飛ぶような価値観を後生大事に引きずって、いい年になってしまった情けない青年たち。それが何かの拍子でオリンピックの選手団に紛れ込んだらこうなるわけだ。まわりの「大人」もさぞかし扱いに困ったことであろう。オリンピックなんて大事な場面でそんな「馬鹿」見たことがなかったろうからな。

 だが、最近のガキの現実なんてこんなもんであろう。TPOなんか屁とも思っていない。何かくだらないことをやってみせ、「大人」の眉をひそめさせることで一時の快感を得るが、あとから自分にどんなマイナスになって返ってくるか想像することもできない。だって教えられてないんだもん、「ユトリ」だからね。いろいろ変わっちゃったこともあって、基本的な「徳育」は省略されるしかなかったからね。ガッコーの先生だって、いちいち口出ししてくるモンスターペアレンツも怖かったろうし。

 それにしても可哀想なのは、この手の奴らには他人の意見を聞く耳を持っていない、ということなのだ。その証拠に、記者会見の最後に件の選手はこう言い放った。
「自分のスタイルを変えずに、そのままいきたい」

何でもある大学の学生らしいが、その大学も、
「本学の名誉を著しく傷つけた」
とか何とかいって除籍処分にするぐらいの気概を持ってほしいものだが(昔ならアリだったかもしれないが)ま、今時の大学だから、世論が怖くてそういうことはできないだろうな。そうやってこのような自閉的な価値観を持った連中はそのまま世の中を渡っていき、日本が崩れていく。この選手と似たような、「反省しない子供たち」を大勢身近で見ている身としては、実に憤懣やるかたないものがあるのだ、こういう記者会見を見ると。

それにしても、例えばもし彼が眼前に現れたときに、自分の会社に入れよう、と思う就職担当者がこの日本に果たしているだろうか、なんて想像しちゃうのだが実際どうなのであろう。俺なら真っ平なのだが?
スポンサーサイト



テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育