最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

マニュアル化教師

 やれやれ、1日お疲れ様でした。いくら年度当初だからといって、朝もはよから退勤時間いっぱいまで、学年会だなんてホント、ウンザリですわ。しかもその中身が問題だ。
 今日の会議の議題は、クラス編成でも要録の仕分けでもなく、ましてや学年主任による施政方針演説でもない。学級運営上の、というか学級経営のやり方について、「わが3学年で同一歩調で進める進め方について」である。そして、年度当初の学活の進め方について、1時間1時間の内容の詳細な検討に入ったのであった。
 と言えば聞こえはいいのかな?まずは委員会のメンバーの決め方について、これはうっかり決めちゃうと今年度は深刻な問題に発展する可能性がある。その理由は、今年から変更される公立校入試制度。何しろ、調査書に出てくる一つ一つの役職について、いちいち点数化するっていうんだから、大変だ。内申目当てに仕事ができもしないお調子者が大挙して立候補してくる可能性がある。そういうヤツでも使ってあげて、それなりに本人を伸ばしてあげよう、なんてお題目は聞きたくもない。最初からやる気もない連中のお世話で、学級や学年の仕事が大渋滞するのは目に見えているから、それでなくても荒れてるわが学年、半端な決め方はできないだろ。まず、立候補方式にするかしないか。投票は記名で行うか無記名か。学級委員は同時に決めるのか。バカ奴らを立候補させないにはどうすればいいのか、それぞれの担任がこれまでの経験をもとにいろいろ言い合って方針を立ててゆく。
 刻々と過ぎゆく時間の中で、班の係は何をするか。班替え(つまり席替え)は何週間おきか。班長の決め方はどうするか。班長が決まってからの班員の割り振りはどうなるのか。ソシオ(注)を使うだってぇ?そんなの今時ありかよ!いや、けっこう使えるぜ。自己紹介カードはどの書式を使うか。掃除の割り振りはどうなる?給食当番はどうなる?そういえばこの学年は人数が多くて7人班がいくつもあり、テーブルクロスの寸法が足りない。それをほっとけばうんちゃらかんちゃら。号令係はなんちゃら。帰りの会のメニューはこれとこれとこれ。それじゃ時間が足りないんじゃないの。連絡ノートはどうちゃら。心のノートがどうしたから道徳がなんちゃら。そういえば総合の時間はどうだこうだ。
 そして気がつけば退勤時間をまわって5時。(今年度から労働時間は7時間45分なので、正規の退勤時間は4時45分になったらしいが、通常の教師にとってはどこの世界の話なんだか)どうにかこうにか学級開きの数時間で行う学活の内容が明確になり、しかも5人の担任が「同一歩調」で学級運営ができる、という合意が形成された(のかもしれない:昨年度の実績を考えれば危ないもんだが)。

 さてその後、副担任の方は掲示発表用のクラス名簿を仕上げよう、ということで、ラシャ紙を広げて作業と相成ったが、その中で、今回副担になった俺ともう一人の古株で今日の会議が話題になった。曰く。
「きょうはくだらない会議だったね。」
「あんなに何でもかんでもみんな一緒にやらなきゃいけないモンなのかねぇ。」
「俺なんかの考えじゃ、担任に任せときゃいいってことばっかりだけどねぇ。」
「つまり何でもマニュアル化しなけりゃ仕事ができないんでしょ。自信がないんだよな。」
「いつからこんな風になっちゃったのかな。」
「落ちこぼれクラスを作らない、ってのが名目なんだろ?」
「だって、帰りの会の中で『黙想』をやるかやらないか、なんて担任に任せときゃいいじゃないか、そんなモン。隣のクラスがやってなくたって、俺のクラスじゃやるんだ、って言えなかったらそんなの担任じゃないやね。」
「まったくだ。自分の生徒を見て、コイツらにゃ必要だ、と思うから何かをするんであって、だから『クラス経営』っていうんだろ?担任が自分の信念を持って『やるぞ』っていって見せなきゃ担任の実力だってつかないだろうに。」
「学年で同一歩調なんだから『黙想』やります、なんて生徒にいったんじゃ、生徒の方だって、担任に一目置こうって気にならないよね。」
「こうやりたい!っていう意志とか方向性が担任自身にないんじゃね。」

皆さんの学校じゃ、こんなマニュアル病に陥ってる学年はありませんか。


(注)ソシオ:ソシオメトリックテストのこと。集団内で好きな人や嫌いな人の名前を記述させて人間関係を調査するのに使ったりする。一時、そういうのを書かされたかわいそうな子供が心が傷ついた、とかで、人権に抵触するのしないの、という話がマスコミで騒ぎになり、今ではほとんど廃れているはず。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad