FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

イエスマンの作り方

 家内は在宅でピアノを教えている。まわりからは片手間仕事ぐらいに思われることが多く(そういう教師が多いから偏見も多いのだ:実際、何年もピアノを習っている、というふれこみの生徒で合唱祭の伴奏なんかをやらせてみてもその音楽性やテクニックに絶望することがしばしばあって、いったい何を教えてるんだ、と慨嘆したくなることも多い)、PTAの役員決めの時なんかには何かと風あたりが強くて困っていたが、まともにやろうと思えば、これはまさに「職業」なのである。

さて、家内は
「S…幼稚園の子供はどうしようもない、新しく来た子で、ウチの子はS…幼稚園、と親が誇らしげに言うのを聞くとため息が出る。」
と常々ぼやいている。その幼稚園はウチの近隣じゃ名の知れた「名門」で、しっかりした教育理念のもとに子供たちをしつけていて、園児は「いい子」ばっかり、親たちの評判もよく、入園するのも競争率が高くてけっこう大変だ、ということなのだが?
「S…幼稚園の子供たちは、自分で何かを考えようとしない。いつでも大人の顔色を見ることばっかり上手。自由な発想で自分の思ったような音を探そうとか、歌ってみようとかはせず、とにかく教師がヨシと言うかダメと言うか、ということにしか頭がいってない。曲を弾き終わった後に私の顔をのぞき込むようにして評価を気にするの、やめて欲しい!!」
「中には、ボク上手?なんて聞く子までいる(そういうのはこんこんと説諭しちゃう)。」
「あなたはどうしたいの?とか聞くとどうしていいかわからなくなって思考が停止しちゃう。」
そんな、小さい子供に要求することじゃない、と思うか?とんでもない。正常な脳みそを持った子供なら当然誰でもやってることじゃないか。
どういうやり方をしているのかは知らないが、要するにその幼稚園では、先生が「やりましょう」と言ったこと以外は、すなわち「やってはいけないこと」として園児たちにすり込まれるのであろう。これは教育理念としてそういう子供を育てようとしているのかも知れないし、ただ単に技術的な問題として(つまり指導者が子供に日々どう当たるか)あらわれていることなのかも知れないが、結果は同じことである。

一方、これも家内の話だが、それまで自由闊達に、楽しげにピアノを弾いていた子が、(たいてい小学校の4~5年生のあたりで)ある日を境に急に退屈なピアノを弾き始める。そういう現象が起こったときに、生活の変化について質問すると、決まって「塾に行き始めました」という返事が返って来るという。それが何度も繰り返されたこともあって、今や家内は、ピアノの弟子から
「アタシいついつから塾に通うことになったの…」
という話を聞くと内心ため息をつきたくなるという。
塾に関しては、たとえば「(これはある私立校の先生:元やり手の塾講師からの又聞きだが)取りあえず偏差値を高めるために、答えを導き出す方法のみに特化して余計なことを省き、というかさせずに、能率一辺倒に進めていく」ような学習をすることによって、かえって「考える力」や「感じる心」を抑制する方向に進んじゃう、という現象が起こるのかも知れない。ま、憶測の域を出ないけどね。しかし、「塾に通う」というただそれだけのことが一人の人間の情操を奪う(というのはいいすぎかもしれないが、ある種の阻害をする、とはいえるかも)というのは空恐ろしいことだ。もちろん、全てがそうではない、とは思うが、少なくともウチの近辺ではそういう塾が多いのかも知れない。
今や子供の生活と塾とは切っても切り離せない関係にあるんだから、塾を選ぶというのも、周りの評判や進学実績だけを判断基準のすべてにはしない方がよさそうではある。(幼稚園もまた同様。)

そしてここからが肝心なところなのだが、俺自身の現在の行動パターンに、自分の幼児体験とか小学校時代、特に3~4年生ぐらいまでの経験なんかが色濃く反映されているんじゃないか、と思い当たる出来事がこれまで数多くあったように思う。それも「行動が抑制される」という方向に。ま、俺はニブい人間だから、けっこう後になって
「あのときああできなかったのは、いついつの誰それのあの一言のせいで…」
なんて思い悩んでいたりするわけだ。そんなウジウジしてる野郎なんてそうそういやしない、といわれればそうなのかも知れないが、もしそれがけっこう普遍的なパターンだったりすれば、あまりのんきな話ではなくなってしまうであろう。つまり、
「イエスマンはこうして生産されてゆく」ということかな。あまりにもいろいろな方面から、たくさんの「心理的抑制」が後天的にすり込まれていってしまっては、もはや「躾」というプラスの面を超越して、つまらない人間がいっぱいできてしまうんじゃないか、と思うと、なんだか暗澹たる気分になってしまうのだが?

スポンサーサイト



テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育