FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

教師の高齢化

 この間林間学校から帰ってきた。10㎞ほどのハイキングがあった。足にもともと故障を持っている俺は次の日、両方の膝と足の甲が痛くてほとんど普通に歩くことができなくなり、ついに午前中年休を取って病院へ行く羽目に陥った。家内が言った。
「アナタ、もう林間は無理です、って言うようじゃない?」
寄る年波には勝てないということなのか、認めたくはないのだが?

 10年ほど前、教員の平均年齢は上昇する一方だったように思う。何しろ、俺の年齢と、職場の平均年齢が全く同じで何年も推移するのだが、考えてみるとこれはけっこう不気味なことである。現在は俺の年齢よりも職場の平均年齢は3歳ほど若くなった。つまり若返ったってこと?(それでも48歳だよ!ジジババばっかじゃん。)

 数年前、まあいろいろあって結局娘を私立中学にやったのだが、このとき候補に挙がったのが2校あった。一校は老舗大学付属の女子高校で、高校の募集人数を削って中学部を併設する、というもの。教員はその高校の教師が兼ねることになる。もう一つはやはり私立高校なのだが、数年前に既存の高校に隣接する土地に新たに中高一貫コースの校舎を新築し、全く別ラインのカリキュラムで大学受験に備える、というもので、教員は新たに募集してきたという。偏差値的には前者の方が5ぐらい高かったと記憶している。娘はその両方に合格したのだが、俺は迷わず後者の中高一貫校を勧めた。その理由は一つ。

教員がみんな若いから!
そしてその読みは当たり、娘はまさに充実の3年間を送って高校に進学したのである。

 さて、学校のセンセイが年寄りだとどういうことが起こるか、想像したことがあるだろうか。
 まず決定的なのは、年寄りは進取の気性が薄れていくということだ。たとえば、俺なんかでも、30代の頃は研究授業なんて、やって当たり前、この次は何をしようか、みたいにアイディアを絞ることに喜びを見いだしていたものだったのに、今じゃとても億劫。第一「50すぎてこんな授業しかできないのかい」なんて言われるのもヤだし、だからといって新しいことにチャレンジする勇気も薄れる。指導案も、以前書いたものを焼き直しする誘惑に、けっこう負けそうになる。(まだ負けてない。)つまり、たいていは少しずつ授業がマンネリ化するということだな。
 次に、行事。やはり新しいことがイヤなわけだから、企画段階で、楽な方へ楽な方へ、と進んでいく。修学旅行も、一時いろいろなアイディアでバラエティに富んだ企画が多かったように思えたのだが、今はあまり聞かなくなり、無難な京都奈良2泊3日タクシー見学なんてのが幅をきかせているらしい。何か新しいことをやろうとすると、必ず教員に負担がかかる。その分の準備だとか、予期せぬ部分へのメンテナンスとか、まあけっこう大変なわけだ。でも、生徒は楽しめるし、充実した行事ができるようになるのは当然である。だが、老齢化の影響がもっとも顕著に表れるのは「林間学校」ではないだろうか。

 俺が新任の頃の林間学校といえば2泊3日。初日はハイキングで湿原を10㎞歩き、キャンプ場(電気水道風呂水洗トイレなし)に入るなり飯ごう炊さんで夕食、夜はランプに火をともす。もちろん懐中電灯なしでは外は一歩も歩けないほど真っ暗闇である。2日目は早朝から飯ごうで飯を炊いて朝食をとるとともに昼飯用のおにぎりを作り、2500m級の登山である。(ちなみにキャンプ場の標高は1800m。)沢伝いに倒木をくぐったり乗り越えたりして道なき道を上り、トイレは男も女も青空の下にする。天気が急変すれば足下からゴロゴロ…という雷鳴が不気味に轟く。雷雲はこっちがいる地点より低い場所に発生するのだ。2時過ぎ、やっとの思いで帰ってきても、すぐに夕食作りの飯ごう炊さんが待っている。そして夜はキャンプファイヤー。次の朝は最後の飯ごう炊さんをして朝飯を食い、ランプのホヤを洗って返却し、おきまりの清掃をして出発、ニジマスの養殖場で体験学習をして帰ってくるという、こうして書いて思い出してるだけでもヘトヘトになるような、めっちゃハードなキャンプであった。

 今やこんなの↑絶対無理。生徒もへこたれちゃうだろうが、それ以前に学年会での企画段階で「いーよ登山なんて。」「キャンプ場じゃなくて食事出してくれる宿泊施設ないの?」という声が職員から囂々とわき上がるのが目に見えるようだ。それでも、時たま若いヤツが何かの加減で林間学校の担当になったりすると、それまでやってなかった「登山」なんてのが突然復活したりするから面白い。やっぱり若い教師は学校を活性化させる最重要のキーパースンなのだ。

 もう一つの重要な問題として、やはりジェネレーションギャップがとても埋められない状況になってきたということか。何しろ、俺なんかは自分の子供でさえすでに大学生。子供の間でのコンテンポラルな話題にはとてもついて行けない。生徒も、若い先生には打ち明けられることも俺みたいなジジイには話してはくれない。こっちの言うことも妙に道徳的になってしまったり同じことを何度も繰り返す老人的なスパイラルに陥ってしまったりして、(こりゃ~若いヤツの心には入っていかないだろーなー)と自分でウンザリしてしまうことさえもあるぐらいだから、生徒(特に不良)との関係構築にはかなりきついものがある。

 さらに、純粋な老化現象。老眼になってきて細かい生徒の書き物なんかが読めなくなったり、最初に担任持った頃には2日でクラスの全生徒の顔と名前が一致したのに今では一週間かかっても覚えきれない、などけっこうな不具合が生じる。そのうえ、喧嘩してるだの、ガラスが割れただのという、緊急事態の時のハシッこさも衰える。膝が痛くて走れなかったり、とかね。「避難訓練」の指導一つとっても、けっこう骨が折れるというわけだ。

 ところが知っての通り、若い教員の補充はほとんどないわけだから、俺たちのほとんどは学校運営に関わる厄介な仕事を新たに抱えつつ、本来若いヤツに任せるはずの仕事を若いときのまんまこなさなければならない。たとえば、かつては35ぐらいになるともう部活動の顧問は引退し、管理職にならないまでも学年主任や教務・進路指導主事など学校の中枢を担う仕事にシフトしたものらしいのだが、今では40すぎても50になっても部活の顧問をやらないですますなんて夢のまた夢、学級担任だって引退寸前までやっている先生も多い。だが、現実には教師だって人間(というより一市民)なワケで、それぞれのライフステージによって子育てに手がかかるときもあるし、今現在の深刻な問題として、自分の両親の介護なんかがのしかかっている人だって相当増えているはずである(実際そういう話をよく聞く)。

 要するに何が言いたいかというと、年寄りだらけだ、というそのことだけでも今や学校が機能不全寸前だ、ということだ。何かが狂ってうまくいかなくなったりしたときのダメージコントロールなんかの際には深刻な力不足を露呈する可能性は高くなる一方なのではないだろうか。
スポンサーサイト



テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育