FC2ブログ

最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

離任式という茶番劇

 よその都道府県は知らないが、我が県の学校現場には「離任式」という大馬鹿なくだらない行事がある。
 「離任式」とは、4月の後半から5月の前半にかけて一度前任校に集まり、そこで全校生徒の前でお話をしたり、花束贈呈などのセレモニーをするものらしい。建前上は「事務引き継ぎ」という名目で、ちゃんと出張命令が出て旅費も支給されるという正式なものなのだが、人によってはこの行事を非常に楽しみにしていて、中には全校生徒の前で話をしながら感無量となって涙ぐむ教師までいる。

 しかし私はこの白々しい行事が大っ嫌い。自分の異動の時にはどうやってサボるか、その方法というか言い訳ばかり考えている。初めて「離任式」に参加させられたときは身分が講師だったし、余計な出張なんかトンデモナイ!という零細企業に勤めていた頃の体験も生々しかったから、本当に、「この無意味な行事は何なんだ??」という気持ちでいっぱいであった。第一こんなことやってるヒマに、今勤めているところの目の前にいる生徒の方がずっと気に掛かるし、もう自分と関係ない奴らのことを考えている余裕はない。しかも1/3は卒業と同時に入れ替わっていて、縁もゆかりもない人たち。何か話をしろ、と言われたっていうことなんか何もない。こっちは「シゴト」で異動したんだし、君たちだって新しい環境でやっていくより他ないだろ?後ろ向いてるヒマなんてあるのかよ?百歩譲って、卒業式の前後とか、せめて年度内に行われるんだったら、まだ話もわかる。

 それなのに、こんな無駄な時間のために授業までつぶしてやるなんて不合理きわまりない、と、ある時年度末の「学校評価」に書いたら、会議の進行役が「なんだこりゃ」という一言でスルーしようとしたもんね。で、(あんまりやらないことなんだが)「これは俺が書いたんだけど!」と言って(白状して)趣旨説明をしたら、「ま、世の中にはいろんな考えの人がいるから。」と言われて、やっぱりスルーされてしまった。

 とにかく、最初の時の激しい違和感は未だに自分の中では生々しく残っていて、前任校の離任式は仮病を使ってサボりました。おそらく、次回もそうなるのではないでしょうか。定年退職後の離任式には絶対に出席する気はありません。「キライだから。行きたくないから」と、理由もはっきりと言うつもり。
スポンサーサイト



テーマ:学校行事! - ジャンル:学校・教育