最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

「授業としての」道徳の評価


ついに政府~文部科学省が本気になって、「道徳」を教科とすることとあいなった。戦前の「修身」を想像して、禍々しさを感じるお年寄りもいることであろうが、まあ(誤解にもとずく部分もあるが)時代の流れでもあるし、道徳的な躾が親の世代ですでに全然できてないということもあるし、そういう大きなうねりの中でごちゃごちゃ言っても始まらない。
それにしても、『教科』であるなら『評価』をしなければならない。どうすんだ?まさか、授業の感想を書かせて10行書けば「5」で1行以下しかかけない奴は「1」か?というのは冗談だが(笑えない…)、報道によれば、こういうのは文章で評価しろ、ということだ。クラス40人の、一人一人の心の在り様を、一つの価値観にもこだわらずに多様性を認めて評価し、短い(せいぜいよくて7~80字)コメントにまとめるなんて、神ならぬ人間にできることなのだろうか。

ということで、これまでの生徒を具体的に思い出して、想像で書いてみたのだが、例えばこんなのもらったら本人や親はどう感じるであろうか。

「資料を真剣に読み込むことを常とし、特に「友情」をテーマとした教材では涙を流すほどに深く共感し、「道徳ノート」に感動的な感想を記述して、他の生徒の模範として発表することができた。」(うそです。そんな生徒いません)

「授業の時は常にまっすぐに教師の顔を見て話を聞き、指名されれば積極的に意見を発表した。」

「いつも明るく積極的に授業に参加している。率先的に手を上げて発言を求め、常に前向きで建設的な意見を言うことができる。また、それを日常生活でも実践しようと努力している。」

「クラスの『道徳係』として、授業が始まる前には欠かさずに副読本を配り、学習活動が円滑に進むように陰で気を配っていた。」


しかし、現実に本当のところを書こうとすれば、以下のような評価にしかならないような連中も少なからずいるのではないか。しかも実際のところはこんなの書けるわけないのだ。管理職からストップがかかるだろうからね。つまり、保護者には担任の本当の気持ちは伝わらない、ということになる

「道徳の授業ではいつも机に突っ伏して、寝ている。場合によっては熟睡してしまい、チャイムが鳴っても隣の生徒がゆすってもなかなか起きないことがある。道徳ノートは常に白紙のままである」

「常にシニカルな言動で、教師の揚げ足取りばかりする。資料を読んでも、「こんなの現実離れしている」などの発言をして学習活動を阻害することが多く、さすがにクラス内のかなりの生徒から疎まれていた。」

「道徳の授業には意義を見出せず、授業中には私語をしているので、うるさくてしょうがない。授業の開始時には「先生、今日の道徳はレクにしましょう」と大声で叫んで授業の雰囲気を作ろうとする周囲の雰囲気を壊す。」

「感想を記入するノートやワークシートには落書きばかりしていて、心情を推し量ることができない。いつでも違うことを考えているようである。」

「発言を促すと「考え中です」とか「(直前に発表した)ホニャラさんといっしょです」しか言わず、考えを深めようとしているとは毛ほども思えない。」

「塾の宿題のようなことをしていて、全く授業に参加しない。」

「朝読書の本を読んでばかりである。」


書いていて情けなくなってきた。ちゃんと評価できるのだろうか。
一度、提出された道徳ノートで、真剣に取り組んでいる人とそうでない人(あくまでもそう読み取れるだけのことだが)で検印の形を違えたことがあったのだが、それに対してすぐに生徒からクレームがついた。曰く、
「先生、これって、心の中身で優劣をつけているんですよね。そんなことしていいんですか?」
生徒だって馬鹿じゃない、というより誰だってわかるじゃない、そんなこと。第一、道徳ノートだって、白紙の生徒は毎度毎度けっこういるが、それだって、単に書きたくないから、面倒だから、というばかりではなく、周りの友達に見られたら嫌だから、先生なんかに見せたくないから、個人情報に抵触しちゃうから、など色々な理由で白紙のままなのかもしれない。だが出てきたもので評価するしかないわけだから、本当はたくさん思うことがあったってそれは胸の内にしまっておく、という生徒をどうやって見分けるのでしょうか?
スポンサーサイト

評価は外にある

 最近ツボにはまった言葉、「評価は外にある」!
TOSSに参加して研鑽を続けていらっしゃる同僚の国語の先生が生徒に言うセリフである。現代の子供たちにとって極めて重要な意味を持った言葉であろう。
 それというのも、ユトリ教育の悪弊により、親も子供たちも、「結果よりも過程」を重要視するからである。よく考えればわかることだ。あるテストで、100時間勉強して35点しか取れなかった生徒と、20分復習しただけで90点取った生徒と、どっちが高く評価されるのかなんて、言うまでもない。それなのに、極端に言えば100時間勉強した生徒の方がエライ!というのが今の学校(生徒たち?)の風潮である。
 掃除もそう、生徒は
「ちゃんと掃除しました。サボってません!」
というが、どんなに一生懸命掃除しても、終わった時にゴミだらけではやったことにならない、ピッカピカだったら、何もしてなくても掃除を「した」ことになるのだ、ということを生徒は理解しようとしないのだ。時間内に作業をし続けたかどうか、だけが彼らの尺度なんだな。「キレイになったかどうか」が断固として尺度にならないのは不思議としか言いようがない。(褒められた時だけは「でしょ~!!」と大得意で威張りくさる。)
 特に、前者の例なら数字として明白にわかるからいいのだが、掃除とか、歌のテストの評価、授業の態度など、数値化されない、ある意味「評価者の主観」で評価されるものについては、トラブルが多発してしまう。一番言い募るのは、
「先生、俺だってちゃんとやってましたよ!」
「私はまじめにやってたじゃないですか!」
という、自分の思い込みが教師に認めてもらえない不満である。
「うるさいっ!お前が出来たと思ってるかどうかなんて、何の関係もないのだっ!」
と口に出して怒鳴るかどうかはともかく、何とか説得はしなければならない。最近では説明責任なんて言葉も声高に叫ばれているからね。でも、こういう場合はなかなか納得しない、というかもともと聞く耳を持ってない奴も多い。自己中心的なのだ。そしてそういう精神を家庭が補強する。そんなときに
「評価は外にある」
というのはまさに魔法の言葉だな。ねじ込んできた奴らもとりあえず鳩が豆鉄砲を食らったような顔になって一瞬ひるむからな。

テーマ:中学校 - ジャンル:学校・教育

TIPS(くだらないよ)

その1
 3月、あっちこっちの掲示物が剥がされ、殺風景になった職場。さっそくラジオペンチ(なるべく先の細いやつ)を持って校舎内の探検に出発しましょう。そして、廊下の掲示スペースをひたすらなでていきます。すると、
「いてっ!」
と思う瞬間があるでしょう?そうしたら、目標発見です。まず、持っているラジオペンチでそこんところをほじくり返します。すると、先のとがった金属の棒がにゅるっと現れる。!そう、これは頭のとれた画鋲でございます。壁面のあっちこっちに潜んで生徒や職員の大切なお肌や服をを傷つけよう、と待ち構えているのです。心ある先生なら、そんな危険物を放って置いてはいけません。学校中の壁面からすべて引っこ抜いて撲滅しようじゃありませんか。

その2
 新入生とともに職員室に入ってくるものといえば、いわずと知れた「指導要録抄本」に「健康診断票」「歯の診断票」とかですね。そして、もちろん氏名のゴム印も。ところが、小学校から上がってきたゴム印って、なんだか傷んでると思いません?細かいところがつぶれちゃったりして、名簿を作ったりするのにせっかく捺しても見られたものじゃない。
「ホニャララ君のゴム印のホニャの字はだめだにゃ~」
とか密かに思ってたりするのですが、実はあれ、けっこう傷んでないんですよ。よく見ると、6年分の古いゴミとかがインクと混じってこびりついているのです。それを古い歯ブラシかたわしかなんかでこそげ取りましょう。(あんまり乱暴にやるとインクが飛び散って服が被害を被るし、ヘタすると本当に印面が壊れてしまいます。)すると、ありゃま~!まるで新品のようなクリアな印面がよみがえるではありませんか。

以上、やってるところを目撃されない限り、絶対に感謝されないTIPSでした!ヒマなとき(なんてないだろうけど)こっそりやってみて。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

ちょっとした指導の差

 林間学校に行ってきた。他学年の応援としてついて行っただけなので、岡目八目じゃないが、いろいろ見えたことがあった。
 その中で、最初の出発式での一コマ。司会をする実行委員の
「健康観察、保健セクションの人、お願いします。」
という寝ぼけた声の一言で始まる、例のヤツだ。

 その瞬間。若い男の先生(1組担任)は健康観察カードを6班分、先頭の係の生徒にさっと渡し、その生徒は他の班の係の生徒にそれを配り始めた。ずいぶん用意がいいな、と感心した。

 それからしばしあって、2組の担任(新任の女性~といってもとうがたっているが)がカードを持ってきて、自分のクラスの生徒がぎっしりと座って並んでいる列の中に入り込み、一班ずつ保健係に手渡しを始めた。親切なことだ。

 さて、この2人の担任の、どっちの動きの方がいいのかは明白である。1組担任の指導では、事前に決まっている保健セクションのチーフにカードを渡すことで、そのチーフが責任を自覚し、行動している。一方、2組担任のやり方では生徒は教師(大人)のやってくれることを待つようになってしまう。この一コマだけでは特に何も変わるわけではない。しかし、期間が長くなり、日常の場面場面でのこういう指導のちょっとした違いが積み重なっていくと、その差は大きくなる。気がついてみると、取り返しのつかない差が出てしまうのだ。
 実際この女性担任の2組は、まだ学級開きから2ヶ月足らずなのに、俺が受けもっている授業のクラスの中でも集中力が足りず、状況的にあまりよろしくないのだ。まあ、この担任の力不足は予想されてはいたのだが、3月まであまり大きく崩れなければいいが…と心配になるような一コマであった。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

生徒からの褒め言葉

 昭和末期のある12月1日、俺は突然教師になった。その日からさっそく授業だなんて困ったものだが、産休代員なんてそんなもんだ。事前研修みたいなものなんて何にもない!そういう、システムのあまりのいい加減さに内心は驚愕しつつ、生徒には素知らぬ顔で教壇に立つわけだが、スキルなんて何にもないのは歴然としている。

 特に困るのは「生徒指導」だ。生徒はこっちの顔を見つつ、(どこまでコイツは見逃すのか)をきっちり計測する。俺としても、(こりゃマズいんじゃないのか)と思えることでも、昨日まで「普通の人」だった身としては、なんだかケダモノのように見える中学生どもに
「こりゃ~!」
なんて怒鳴ることにはためらいがあり、一瞬躊躇してしまう。(その一瞬の躊躇を見切られる。)また、後から考えればヤバイのかもしれないことや、こっち(素人教師)は何とも思ってないというものも、そのままあっちのゲインになっちゃうから、なめられる一方なのだ。

 だが、それでも、本当にやばかったりすれば(例えば音楽の授業中にこれ見よがしにウォークマンを聴いているとか)何とかせにゃならない。相手はなめてるわけだから、こっちのいうことなんか無視して、そういう「ワルいこと」を平然と続ける。まわりの普通の連中もこっちの対応を注視している。当時はまだ「ぶん殴る」というのも選択肢のうちにアリだったのだが、それは先生と生徒との関係がそれなりに出来てなければ無理なんだから、俺としても、言葉を尽くして何とかやめさせようとするしかない。何度も何度も。そういうときに俺が不良連中に不機嫌極まりない顔でしょっちゅう言われた言葉がある。それは
「しっつけ~な!」(訳:しつこいですね)
当初、そういわれて、俺は一瞬ためらってしまうのが常だった。でも、放っとくわけにいかないでしょ?だから結局何といわれても、不良のそばから離れられないわけだ。文句を言い続けなければいけないわけだ。で、重ねていわれる。
「しっつけ~んだよ!」
何ヶ月かしてから、気がついた。これは俺に対する褒め言葉だ。まあ、褒めてるつもりはないんだろうが、少なくとも俺に対する評価にはちがいない。だとすれば、しつこい、っていうのは、この場合悪いことじゃないでしょ?つまり、俺は生徒から褒められている?!と、思うことにしたのだ。
 で、それからというもの、多少は気持ちが楽になった。何しろ、適当な言葉もないし技術もないし、生徒に手をあげることも出来ない教師なんだから、しつこくやるしかないんだもんね。
 考えてみれば、ちゃんと生徒に向き合えば、生徒にはうるさがられるに決まっている。それを不良どもははっきりと言葉にして言ってくれるわけだ。だから、
「うるーせ~な!」「いちいちうるせーんだよ!」「しつけぇよ」「さわるんじゃね~よ」と、投げつけられる言葉は俺たちにとっては勲章だ。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

マニュアル化教師

 やれやれ、1日お疲れ様でした。いくら年度当初だからといって、朝もはよから退勤時間いっぱいまで、学年会だなんてホント、ウンザリですわ。しかもその中身が問題だ。
 今日の会議の議題は、クラス編成でも要録の仕分けでもなく、ましてや学年主任による施政方針演説でもない。学級運営上の、というか学級経営のやり方について、「わが3学年で同一歩調で進める進め方について」である。そして、年度当初の学活の進め方について、1時間1時間の内容の詳細な検討に入ったのであった。
 と言えば聞こえはいいのかな?まずは委員会のメンバーの決め方について、これはうっかり決めちゃうと今年度は深刻な問題に発展する可能性がある。その理由は、今年から変更される公立校入試制度。何しろ、調査書に出てくる一つ一つの役職について、いちいち点数化するっていうんだから、大変だ。内申目当てに仕事ができもしないお調子者が大挙して立候補してくる可能性がある。そういうヤツでも使ってあげて、それなりに本人を伸ばしてあげよう、なんてお題目は聞きたくもない。最初からやる気もない連中のお世話で、学級や学年の仕事が大渋滞するのは目に見えているから、それでなくても荒れてるわが学年、半端な決め方はできないだろ。まず、立候補方式にするかしないか。投票は記名で行うか無記名か。学級委員は同時に決めるのか。バカ奴らを立候補させないにはどうすればいいのか、それぞれの担任がこれまでの経験をもとにいろいろ言い合って方針を立ててゆく。
 刻々と過ぎゆく時間の中で、班の係は何をするか。班替え(つまり席替え)は何週間おきか。班長の決め方はどうするか。班長が決まってからの班員の割り振りはどうなるのか。ソシオ(注)を使うだってぇ?そんなの今時ありかよ!いや、けっこう使えるぜ。自己紹介カードはどの書式を使うか。掃除の割り振りはどうなる?給食当番はどうなる?そういえばこの学年は人数が多くて7人班がいくつもあり、テーブルクロスの寸法が足りない。それをほっとけばうんちゃらかんちゃら。号令係はなんちゃら。帰りの会のメニューはこれとこれとこれ。それじゃ時間が足りないんじゃないの。連絡ノートはどうちゃら。心のノートがどうしたから道徳がなんちゃら。そういえば総合の時間はどうだこうだ。
 そして気がつけば退勤時間をまわって5時。(今年度から労働時間は7時間45分なので、正規の退勤時間は4時45分になったらしいが、通常の教師にとってはどこの世界の話なんだか)どうにかこうにか学級開きの数時間で行う学活の内容が明確になり、しかも5人の担任が「同一歩調」で学級運営ができる、という合意が形成された(のかもしれない:昨年度の実績を考えれば危ないもんだが)。

 さてその後、副担任の方は掲示発表用のクラス名簿を仕上げよう、ということで、ラシャ紙を広げて作業と相成ったが、その中で、今回副担になった俺ともう一人の古株で今日の会議が話題になった。曰く。
「きょうはくだらない会議だったね。」
「あんなに何でもかんでもみんな一緒にやらなきゃいけないモンなのかねぇ。」
「俺なんかの考えじゃ、担任に任せときゃいいってことばっかりだけどねぇ。」
「つまり何でもマニュアル化しなけりゃ仕事ができないんでしょ。自信がないんだよな。」
「いつからこんな風になっちゃったのかな。」
「落ちこぼれクラスを作らない、ってのが名目なんだろ?」
「だって、帰りの会の中で『黙想』をやるかやらないか、なんて担任に任せときゃいいじゃないか、そんなモン。隣のクラスがやってなくたって、俺のクラスじゃやるんだ、って言えなかったらそんなの担任じゃないやね。」
「まったくだ。自分の生徒を見て、コイツらにゃ必要だ、と思うから何かをするんであって、だから『クラス経営』っていうんだろ?担任が自分の信念を持って『やるぞ』っていって見せなきゃ担任の実力だってつかないだろうに。」
「学年で同一歩調なんだから『黙想』やります、なんて生徒にいったんじゃ、生徒の方だって、担任に一目置こうって気にならないよね。」
「こうやりたい!っていう意志とか方向性が担任自身にないんじゃね。」

皆さんの学校じゃ、こんなマニュアル病に陥ってる学年はありませんか。


(注)ソシオ:ソシオメトリックテストのこと。集団内で好きな人や嫌いな人の名前を記述させて人間関係を調査するのに使ったりする。一時、そういうのを書かされたかわいそうな子供が心が傷ついた、とかで、人権に抵触するのしないの、という話がマスコミで騒ぎになり、今ではほとんど廃れているはず。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

異様にカラフルな色鉛筆

 まだ正式採用になる前の講師時代のこと、中間・期末テストの返却された解答用紙を改竄し(つまり誤答を消しゴムで消して書き直す)、「先生、採点ミスなんですけど。」と申し出て得点をアップする、というのを常習的にやっていた女子生徒がいた。何人かの教科担当の教師が怪しんで、ある定期テストの折に彼女の解答用紙を返却する前にコピーをとっておいたところ、またもや同じ事をしたので不正がばれて呼び出されたのだが、彼女は「そんなことはしていません!」の一点張り。実物の答案用紙とコピーを並べ、動かぬ証拠を突きつけられても、主任も顔を出して親も呼び出して…と大騒ぎになっても、頑として認めようとしないその態度には、開いた口がふさがらなかったものである。
 さて、俺はその出来事の印象が強かったからか、このような不正に対しては事前の対策が大切、と考え、それなりのショボい手をうっている。

・用意するもの
おうどいろ、こいあかむらさき、せいじいろ、えめらるどいろ、あかちゃいろ、あかむらさき、ぐんじょういろ、うすむらさき、だいだいいろ、うすべにいろ等、中間色や普通は見られないちょっと変わった色の色鉛筆多数。ただし、あまり薄い色だと書いても見えにくいので要注意。色鉛筆のばら売りをしている大きな文房具屋さんで買い集めます。
・実施方法
 まず、今や普遍的になった「観点別評価」を利用しましょう。音楽の場合は
①音楽に対する関心・意欲・態度
②表現に対する感受と工夫
③表現の技能
④鑑賞の能力
なので、これらの4観点にそって傾向の異なる問題を作るか、問題を強引にこの4種類に当てはめて分類し、期末テストを実施。
次に採点ですが、まず色鉛筆も4色選び、ナイフでできるだけ芯を太く残すように削ります。実際に丸ツケをするときは、○はまあ普通のマル。×は、特に間違えている字の上を通るように斜線を引く。空欄は解答欄全体に横線(忘れちゃダメ)。という風に付けていきましょう。なるべくうすく太く、というのが自分的にはGood。もちろん観点別に色分けしますので、解答用紙は採点が進むにつれてカラフルに。
 さて、これにより解答用紙を返却して答え合わせ、という場面において、誤答を消して書き換えるのは事実上不可能となります。何しろ、消しゴム使っちゃうと色鉛筆の線も消えちゃうからね。しかも、微妙な色の鉛筆、というところがミソなのです。たいていの生徒はそんなおかしな色鉛筆持ってないですから、消えちゃった線は書き直せません。さらに、空欄に横線を入れておけば、ズルい奴が追加で正答を書き加えて「採点忘れです!」とイチャモンを付けてくるのを防止できます。
 その上、生徒が採点ミスを申し出てきたときには、自分の間違いを素直に認める前に、その採点ミスの部分をしげしげと、穴の空くほど見つめる、というポーズを忘れてはいけません。「あんなにていねいに見てやがる」ということになれば、「これから不正をしようと思っている生徒」に対する抑止効果になりますからね。システムを生かすも殺すも運用する人次第なのです。


 そうそう、話は変わりますけど、「記号で答えなさい」の記号はカタカナの場合が多いのですが、そういうときに、「ツ」と「シ」、とか「ク」と「ワ」なんかが判別しづらく書いてある場合は容赦なく×にします。あとで激しく文句を言ってくる生徒もいますが、
「だって日本語の文字をちゃんと書くのなんて、あってるか間違ってるか以前の問題だろ?ま、今後のためにね。高校入試ではそうやって抗議するチャンスなんか無いんだからね。」
と冷たく突っぱねることを忘れてはいけません。

…イヤな教師でしょ?俺って。イヤな教師なんですよ。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad