最後のデモシカ教師の不謹慎発言

かつて教師に「でも」なるかぁとか、教師に「しか」なれない、という理由で教師になり、学校現場に彩りを与えていたデモシカ教師。そのデモシカ教師の目で現在の教育の裏をあばき、悪態をつく(だけ)!なお、このブログはリンクフリーです…

チャパツと黒髪

 大阪の府立高校で、色素が薄くて生まれつき茶髪の子に黒染めを強要した挙句のはてに不登校にした、という問題が起こって、裁判になっているようだ。まったくなんとも思いやりのない話ではあるが、現場でもそうせざるを得ない背景なんかもあるのかもしれないし(例えば、その子をあげつらって「なんで俺たちの茶髪はダメなんだ!」と訳も分からず言い募る生徒や保護者の勢力があるとか)、今後どうなるのか。
 だが、問題はそんなことではない。相変わらずのマスコミによる「学校性悪説」がまたしても表面に出てきたではないか。たまたまそのニュースを数日前、テレビ朝日で扱っていたのだが、その時のコメンテーターが、
「大体、黒い髪の子が茶色に染めること自体、目くじらを立てるほどのことじゃないのに…」
とごくごく自然にほざきやがったのだ。なんという犯罪的な発言であろうか。たまたまその時、そのニュースを校長他数人の職員で一緒に見ていたのだが、校長が激怒して、その場でテレビ朝日のカスタマーセンターに苦情の電話を入れていた。誠に、頼りになる校長先生である。
 このブログに以前にも書いたが
黒い髪を茶髪にするのは、明らかな「迷惑行為」である。目くじらを立てるどころの騒ぎではない。今現在、我が勤務校(および前任校)では、そういう生徒は
「いったん帰宅して、直してから再度登校させる」
という指導を一貫して行なっている。さんざん試行錯誤し、何年もひどい目に合ってきた挙句に、やっとそういう指導をする、あるいはできるようになったのである。そこにははっきりとした理由があり、理念がある。そういう苦悶する現場の対生徒・対保護者への力学を全く考慮することもない、こういう心無い余計な一言が、テレビで、全国津々浦々の、何も知らない人に、ある種の権威ある人の言葉として、届いてしまうという恐ろしさ、影響を思うと、誠に憤懣やるかたない。テレビ局だって、そんな苦情電話なんてごまめの歯ぎしり程度にしか考えようともせず、このコメンテーターも訂正の発言をすることもなくそのまま終わってしまうのであろう。現場の教師がどんな思いでチャパツの指導をしているのか、その意味も何も知らないくせに。
 そうして少しずつ少しずつバッシングされて、知らない間に環境がむしばまれている学校は、これからどうなるのか。「学校」を、「国民の財産」として、もっと大事にしてくれよ!
スポンサーサイト

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

指揮者のテクニック5か条

 合唱祭の指揮者の指導…これはなかなか頭の痛い問題である。何しろ、日頃からそういうことなんかやったことのない連中ばっかりなんだから、放っておけば当然見様見真似のでたらめばかり。参考にできるのは先輩の姿だけだから、先輩が変なことやればそれはそのまんま「伝統」になる。一応1年生のころから食い入るように先輩の姿を見ているし、一応ビデオもとっているし。そこに持ってきて音楽担当のほうは、全然思ったようにいかないクラス合唱のハーモニーだのキッタナイ声だの全然弾けるようにならないピアニストだののメンテナンスや実行委員会の切り盛りなんかで手一杯、指揮者に割く時間なんて1分もない。さらに、クラスで指揮者をやる生徒というのも多種多様で、まさに指揮者にふさわしいリーダーシップも音楽的素養も豊かに持っている奴なんて滅多におらず、目立ちたがり屋、調査書目当て、音楽の成績目当て、伴奏ピアニストと仲良しだから、声が小さくて戦力にならない(変声期前、というのもある)、指揮者賞を狙っている山師、イジメの一環として押し付けられる、他に希望者がいないのでという正義感だけで、等々はっきり言ってろくなもんじゃないことがほとんどである。まず、合唱団(クラス)が整列した前に立って、俺のほうを見て、
「…どうやって始めるの?」
その前に、
「…4拍子ってどうやって振るの?」
そして実際始めて見ると、合唱の指揮どころか、音楽に合わせて手を振ることすらできない、という輩までいる始末。仕方なく担任が手を出したり、周りの生徒がいろいろ考えてフリをつけたりし始めてしまったら、今度はその努力に水を差しかねないから、本来はやらなきゃいけないはずの音楽科が余計に口を出しにくくなる。さらに困ったことに、肝心の音楽の先生(例えば俺とか)が指揮者の指導について、その技術を持ち合わせない、なんて(;´д`)トホホな場合すらあるのではないか。

 仕方がないので、指揮者が決まった時点で当人たちに以下のような資料を渡している。見てあきれる人もいるであろうが、つまり俺の勤務校の校内音楽祭本番を見ていて俺自身がイライラするところを書き連ねたということ、要するにこういうことばかりやっている、ということである。


指揮者のテクニック5か条

1 腰から下を動かさない。
 ・やってる本人は夢中になってやった気になるが、見ている方は落ち着かない。

2 ひじを出さない
 ・拍点があいまいになり、見にくい(歌いにくい)指揮になる。
 ・リズムに合わせてひじを動かすのは絶対にやめよう。わきを締める!

3 図形は胸と顔の前で描く
 ・腹の前では下すぎて、歌っているほうの目線を下に落とさせてしまうし、自分の目線も下がる。
 ・特定の拍(4拍子の3拍目など)だけ別のところに行ってしまうと、戻るのに時間がかかり、動きが不安定になる。

4 右手がリズム、左手が表情
 ・指示を出す相手には正対しよう。ピアニストには左手でリズムを、というのでは相手を軽んじていることになる。

5 息を吸うのを誘う
 ・みんながどこで息を吸うのかわからないような、あいまいな指揮をしてはいけない。
 ・曲の中のどこで息を吸うのか、ちゃんとわかっていて、伴奏者とも息を合わせておこう。

◎ 責任がある、ということを自覚しよう!
◎クラスの雰囲気を作るのは自分だ。
◎クラスの曲のことを誰よりもよく勉強し、理解しているのは自分だ。
◎音楽を作り合唱のレベルを高めるのは自分だ。
◎聴いていただく人たちに向かって、クラスを代表してお辞儀をするのは自分だ。
 ・よいステージマナー(服装、姿勢、動作など、ステージに上がる前から「演奏」は始まっている)が、よい演奏を作る。

大事な帳簿


 最近、出席簿をなくしちゃった担任がいた。若い人なんだけど、すごく焦って、どこに置いたんだ、あそこじゃないのか、それとも、とか数日探した挙句見つからなくて、たまたまの職員会議のあと、職員全員で校舎のあっちこっちを捜索する、という騒ぎになった。結局職員室の、本人の机の隣の先生の机の下に落ちていたのが発見されて一同胸をなでおろしたが、万一ゴミに紛れて処分されちゃった、なんてことになってたら大変であった。
 そういう俺もそそっかしいので、何かをどこかに置いてわからなくなる、というのはよくあって、ある年に学級日誌が消えた時は一か月ぐらいなくて、たまに開かれる委員会で使う空き教室(施錠してある)で次回の委員会の時に見つかったこともあった。一番焦ったのは、「教務必携」(スケジュールとか会議録とか部外者に見せられない生徒指導情報なんかが書いてある。なにより俺がかかわっている授業の成績の一覧がすべて書いてある)が消えた時で、確かに置いたはずのところから消えて、万一生徒が持ち出していたら…と胃が縮まる思いをした。結局管理職に申し出て、
「まずは夜中に職員室の中を探し回ってみてください。」
ということで探したところ、ある年配の先生が自分のヤツと勘違いして抱え込んでいたのが見つかった。その先生は机の上に自分のがあって、机の右下の引き出しの中に俺のがあったので、2冊も持ってたにもかかわらず気づかなかったようだ。しかも、俺の教務必携にその先生の教科の提出物(小テストみたいな)がはさんであったりした。そそっかしいのう。
 学校というところは様々なものがいっぱいあるし、動くときはみんな分単位秒単位で走って動くからそういう取り違えもそりゃ~あるに決まっている。大事なのはそういう時の危機管理でしょ。今回はみんなで協力的な感じで探して見つけたので、なんだか安心して働ける職場だなあ、と思ったことである。

以前、我が息子が教わっていた数学の教師と来た日には、かなりエキセントリックな指導をある同僚が指摘したところその同僚の出席簿が紛失して、焼却炉で発見された、なんてこともあったらしいが(そいつは最終的には教え子へのわいせつ行為で懲戒免職になりやがったが)、そういう基地外がわが職場の同僚にいない、というのもまた幸せなことである。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

歴史ある吹奏楽部にて

ここ何日か、音楽準備室の整理にハマってしまった。何しろとんでもなく汚いし乱雑だし腹は立つし手間はかかるがなんだか面白いのである。
とにかく古~い吹奏楽部なので、古~い楽譜が大量に放置されている。しかも小さな引き出しがいっぱいあってそれにアルファベットのシールが貼ってあり、題名の頭文字がそれに従って分類され、片付けてあるのだが、まずはそこがしっくりこない。例えば、「B」の引き出しから「バラの謝肉祭」が出てくるのって、どうなのよ。妙な違和感がある。「D」の棚から「大地讃頌」が出てくるのはまあ普通だけど、「大草原の歌」が出てくるのはなんだかおかしい。さらに、「小鳥売りセレクション」が「D」の引き出しから出てくる理由は、封筒に「Der Vogelhändler」という題名が書いてあったからでしょう。アルファベットなんかもはや意味をなしてない。
その上、半分、いや3分の2以上は原譜ではなく、コピーの楽譜である。それも古くなって、貼り付けたセロテープが茶色に変色していたり、封筒を補強したクラフトテープのノリが劣化して触っただけでパラっと取れちゃったり、演奏に実際使用して書き込みだらけのやつをそのままコピーしてあったり、シミだらけ、しわくちゃだらけ。おまけに欠損のパーツもけっこうあって使い物にならず、ただのゴミでしかないものばかり。触っただけで顔が痒くなりそうで、少なくとも手は痒くなる。手書きの楽譜というのも多い。かつてコピー機なんかなかった時代にはよく楽譜を手書きしたものだが、これらは、書いた本人しかわからないか、書いた本人がそばに居合わせるかしないとわけがわからない場合も多い。ともかく何のためにこんなのを後生大事に保存しているのか、意味がわからん。まあ、気にしないで目をつぶって今まで放ったらかしてきたのでしょう。「バラの謝肉祭」や「吹奏楽のための民話」なんか、そういう状態のがなんセットもでてくる、つまり引き出しにしまいこんだらそれが最後で、あとの人は新たに譜面を用意するというわけだ。ミュージックエイトの「君の瞳に恋してる」なんか、原譜が2セット出てきたからね。引き出しに楽譜をしまい込むというのは、保存方法としてはどうしようもなく非効率的じゃないか。

で、この際引き出しを全部ひっくり返して、不要なものは一切捨てよう、と決意した。一世を風靡したであろう、しかし今や誰も題名を聞いたことのないようなポップスの楽譜とか、持っててもしょうがないし、必要なら改めてどこかで探してくればよろし。それに、わざわざそんなことしなくても、今は演奏するための楽譜なんて実に豊富に世の中に出回っている。コピーの楽譜なんかも、著作権法上問題あるし、汚いばっかりだ。昔のコピー機の調子の悪いのに当たったやつなんかは、かすれてたり黒ずんでたり、裏写りしてたり別の紙に転写されていたり。

ところが、面白いこともあるんですよ。中には原譜もたしかにいっぱいあって、しかも古~いやつが出てきたりする。「りんごの谷」とか「イシターの凱旋」とかね。まだアルファベットの「D」までしかやってないけれど、結構面白い楽譜がいっぱい出てきた。この先どんなお宝が眠っているのか、興味はつきない。

テーマ:部活 - ジャンル:学校・教育

定年。再任用。何も変わらず。

 ついに今年度、60歳になってしまった。俺の父親が現役時代には55歳とか58歳だった定年が今では「還暦」とはすごいことだ。しかも未だに引退できないし!(しないとも言えるが)
 3月末からこれまではまさに嵐のような日々で、まず年度末恒例の吹奏楽部定期演奏会を取り仕切り、最後の年だというのに担任を持っていたものだから指導要録などをやっつけ、次は異動の準備。もう勤務年数の残りも少ないし、これまで溜め込んだいろんな資料とか道具とか、いらなくなったものはなんでも捨てちまおう、と思ってももはや時間切れで、一応削減はしたものの結局は自動車3往復分の荷物を運び出すことになる。で、最後にやっとのことで吹奏楽部の会計報告の起案を通したらもう4月になってしまい、この歳で新天地に向けて出発だ!
 で、行った先の学校でも吹奏楽部をやってください、早速だが入学式で演奏ヨロシク!と言われるが、引っ越しの荷物を解く時間もないまま(1年の副担任だから)あれこれ入学式の準備もしなきゃいけないし、始まったら始まったでデカい学校だから授業がいっぱいあってな~ンにもやれないで時間に押し流される。古~い学校だから音楽準備室は歴史的な邪魔もの(大量のレコードだとか)が所狭しとあって何も片付かない。おまけに、といってはヤバすぎるがここの吹奏楽部は5月に定期演奏会をやることになっていてすでにいついつに市民会館が抑えてあります、前任者がちょっとひねくれた臨採の人(長く臨採をやっている)で演奏会の準備はほとんど進んでないうえに部員はサボりグセがついている、オ~イふざけんなよ~こっちはついこの間定演終わらせてきたばっかりじゃないかよ!!というなんだか目が点になる世界を終わらせて、気がついてみるともう6月じゃないか。

 ということで、このブログの更新もこれまでになく滞ったということなのです。再任用で何が変わったか、って何も変わってませんね。給料が大幅減になったことと、それに呼応するかのように若い頃みたいには無理が効かなくなったことぐらいか。音楽の授業も、一時間一時間命を削ってやっているように感じることもある。特に「定期演奏会」の前は危なかった。(これ絶対、何年か前なら年休取って休養するレベルの体力の限界だ)という日々が続いても休むわけにいかない。俺の代わりを務められる能力を持った人間はおいそれと連れてこられるもんじゃないからね。(なにしろ教師は専門職なのだ。)
 折しも中学校の先生の勤務がブラックだ、とか部活動の外部指導者の資格をどうにかしようみたいな話も世の中では出て来ていたが、そんなのバカくさいわ~。しかもたかが部活をちょっといじるぐらいで教員の忙しさの解消につなげようなんて、根本的なところがわかってないでしょ。
このブラックな勤務をどうにかできるっていうならやってみろよ。
ってとこですかね。とにかく、まだ生きながらえていた、という報告であります。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

上履きの匂いを嗅ぐ

先日の掃除の時間のことでした。バカ男子共が何やら掃除場所へ行きもせずに教室で馬鹿騒ぎをしている。それも、でかい声で、
「うわーーーーー!」
「はっはっはっはっは!」
「ぎゃ~~~!!」
「おぅええええ~~!」
って感じの獣じみた騒ぎであります。掃除もせんと、なにやってるんだ!ってもんで、こっちは怒ってそいつらの方へ行くと、なんとそのうちの一人が仲間の上履きに顔を突っ込んで臭いを嗅いでいる!
「おぅえええ~~~~!」
というのはつまりその雄叫びと言うか、吐き気だな。なのである。そして、
「お、これは我慢できる!」
だの、
「コイツの上履きはヤバすぎる!!!」
「これはまだ新しいど。ゴムの臭いが残っている!」
と品評会をしている。一体ここは日本なのか、いや、この世のものなのか。
「何ふざけてんだ!やめろ!」
とこっちはかなり本気モードだが、もはや興奮状態のこいつらには通じない。
「先生も嗅いでみ?!コイツの靴チョ~やばいよ!」
と満面の笑みでこっちに叫んで、信じられないことにその上履きを押し付けてくる。サツイが実際の行動に移らないように、避難するしかないと思いませんか?
 それにしても、これが何日か前の3年生を送る会で最高の発声と音程と音楽性で「虹」の3部合唱をやって3年生達を魅了した同じ人たちとはとても思えません。ホントに中学生って二重人格すぎるよね。

PTAは任意加入!任意加入なんだよ!


 一時話題になっていた「PTAは任意加入」という事実が、またちょっとどこかで取り上げられていた。PTAが強制加入だとすると憲法21条に抵触しちゃうらしく、これについての裁判も起こされているようだ。

 ところで、わが長男が中学生だった時(15年位前)、俺は長男の進学した中学校(公立)に勤務していた。つまり学区に住んでいた。まあそれが原因の一つとなってわが子たちが深刻ないじめ被害に遭ったため、せっかく買ったマイホームをたった5年で売っ払って引っ越し、子供たちも転校を余儀なくされたのだが、それは別の話。
 そのころのことを冷静に思い出してみると、俺はほかの生徒の親と同様に、Parent-Teacher Associationの「P」としてPTAの会費を払っていた。しかし、つらつら考えるに、職員室でも会費の集金があったので、「T」としても会費を払っていたはずなのだ。これって、二重取りじゃないのか。教師と保護者が同一人物であった場合、会員は一人なんだから、どっちかは払う必要ないよね。もう時効だろうが、返してもらいたいもんだ、はした金だけど。
 さらに言えば、2年目には「P」の立場での役員を押し付けられた。これも、やる必要なんかないはずだよね、なにしろ、同一人物であるところの「T」である自分は自動的に役員なんだから。過去に戻って文句言いたいところだが、その当時はそういう仕組みにも無関心だったし、そんな理屈は思いもよらなかった。何より「学区の教師」として、世間体をめっちゃ気にしてたし。まあ、ムカつく地域に居を構えた身の不運としか思わなかったけど、PTAが任意加入とか、もっと早くに知っておきたかったよ!

 ところで、保護者の任意加入はわかったが、教師はどうなんだろうか。年度当初の職員会議でも、校務分掌の一つとしてPTAの各種委員会の担当を教師全員に割り振るのが普通であろう。4~5月のPTA総会で転入職員の紹介もあるが、それは「職員はすべて会員である」という前提に立っているようだが、それでいいんだろうか。けっこう余計な仕事のように思えて(本当に余計なこともある)、しかも思ったより面倒くさくて舌打ちしたくなる時も多いのだが。
 まあ、こっちのサイドから文句を言うわけにもいかないだろうから、こういう時に貧乏くじなのはいつだって教師のほう、という気がするな。

テーマ:PTA - ジャンル:学校・教育

FC2Ad